• NEWS
  • 2022.01.20

天才むかたん、尼崎双星高校に直接行っていじめ問題へ切り込む

この記事の動画:
天才むかたん、尼崎双星高校に直接行っていじめ問題へ切り込む

をみる コメントを投稿

2022年1月19日(水)、天才むかたんが「《兵庫県尼崎双星高校》いじめ被害者と教員の直接対談ー学校側の対応が酷すぎるので録音データ全て晒します【いじめ】後編」を投稿した。

天才むかたんの元に届いた「いじめられて不登校になった」というメッセージ。
むかたんは被害者を連れ、学校へ直談判を試みた。
今回の動画は、その話し合いを記録したものである。

むかたん・被害者・教頭での話し合いへ

天才むかたん(本名:石田拳智)はいじめ被害者と共に尼崎双星高校へ向かい、教頭らと対談を行いました。

いじめ問題を告発したのは高校2年生のtoa(とあ)君。
とあ君は集団でいじめを受けており、鬱病を発症してしまったとのこと。

サッカー部に所属していたとあくんは、部活内でいじめを受け学校側に相談したものの「我慢しろ」と言われ、ついには不登校になってしまった。

今回の話し合いによって、とあ君をいじめていたのは5人おり主犯となるボス的存在もいたようだ。

むかたんの熱い気持ち、とあ君の悲痛な想いと学校側の対応がぶつかり合う社会派な内容となっている。

学校側は隠ぺいしていた…?

とあ君が学校側にいじめを報告したのは2021年の1月。しかし、12月にむかたんが行動を起こすまで表沙汰になっていなかったというのだ。

今回の動画内でも、教頭側は“いじめ問題の放置”を頑なに認めなかった。
逆に「学校として出来る限りのことはしている」と話すばかり。

とあ君の話との矛盾点を指摘しても「初めて聞いた」などと言い放ち、到底納得ができるものとは言えなかった。

学校側の言い分も勿論あるだろうが、学校の主役は生徒である。

視聴者からは「これが現実なのがすごい腹立たしい」「学校側も心のどこかで誰やねんこいつ大丈夫やろって過信が今回の失態に繋がってると思うのでこの動画を機に早期解決に向けての話し合いが設けられることをお祈りします!」と言った怒りと応援のコメントが寄せられている。

非常にセンシティブな内容だが、少しでも前に進むことを願うばかりだ。

TAG