PDRさんの年収は?広告収入・グッズ・タイアップを調査!実はmimeiの扶養で低収入の噂も…

歯に衣着せぬ過激な発言で人気のYouTuber・PDRさん。
名前を見てもわかる通り、UUUM所属のYouTuber「PDS株式会社」のPDSの実の兄である。

今回は、登録者数88万人を超えるPDRさんの気になる年収について調べてみた。

PDRさんとは?

プロフィール

本名:ペイン・ダンカン・龍之介

生年月日 1985年2月2日

血液型 A型

身長 172㎝

出身地 日本

PDRさん

PDRさんの年収はどれくらい?

主な収入はYouTubeの広告収入!


(Tuber Townというサイトのスクリーンショット)

YouTubeの広告収入は、再生数からだいたい推測できるそうだ。
PDRさんの場合、広告収入を年収にすると約480万円とのこと。
これは、あくまでYouTubeの広告から得られる利益なので、このほかに企業案件での動画やイベント・グッズ収益などがあればプラスの収入となる。

イベント・グッズ販売は?

PDRさんは一時期、「GENESIS ONE」というYouTuber事務所に所属していたことがある。
GENESIS ONEはワタナベマホトを中心として、サグワやタケヤキ翔が所属している事務所だ。
PDRさんは2016年1月7日に加入を発表。
その後、2017年2月27日に事務所を辞めたと動画で報告した。

GENESIS ONEに所属していた間、イベント出演やグッズを販売したことがあった。
その当時はイベント出演やグッズ販売の売り上げの一部がPDRさんに入っていたと思われる。
とはいえ、原価がかかることや、事務所が手数料を取っていることから、どれだけ利益を得ていたかは不明だ。

また、事務所から脱退したあとも、アメコミ屋でイベントを開催したことがある。
これは、GENESIS ONEに所属していたときに販売したPDRさんのオリジナルTシャツの在庫を販売するというもの。
在庫をそのまま渡されたとのことなので、原価をPDRさんが請け負っていないのならば、売り上げ金額がそのまま収入になったと考えられる。
販売したTシャツの枚数は全部で285枚。
販売価格は3000円なので、このイベントだけで85万5千円の利益を得たと推測できる。

フリーになってからも、イベントやグッズの収入はあるようだ。

タイアップ動画(企業案件)はどれくらい?

企業が自社の販促のため、人気YouTuberに広告を依頼するのがタイアップ動画(企業案件)だ。
タイアップ動画でYouTuberに支払われる金額は、1本で数十万円と言われ、人気YouTuberともなると100万円以上にものぼる。

PDRさんの動画でタイアップ動画を探したら、1つだけ見つけることができた。

そのほかは見つけられなかったため、定期的にタイアップを受けているような事務所所属のYouTuberと比べれば、企業案件での収入は少ないと言える。

PDRさんの収入は、ほとんどがYouTubeからの広告収入のみだと考えていいだろう。

実は低収入だという噂も!

PDRさんはmimeiの扶養に入っている!?

ここまでで、PDRさんの収入を推測してきたが、実はかなりの低収入なのでは?という噂が出ている。
その理由は、こちらの動画を見て頂ければわかる。

2017年6月16日に公開された質問コーナーの動画では、結婚3周年記念でPDRさんとmimei夫妻が視聴者からの質問に回答。
mimeiの健康保険証にPDRの名前が書かれていると暴露した。
もし、PDRさんがmimeiの扶養に入っているとしたら、PDRさんの年収は130万円以下ということになってしまう。

PDRさんの年収は再生回数やその他の売り上げから推測される約500万円なのか、それともmimeiの暴露が本当なら130万円以下なのか。
どちらが真実かはわからないが、夢のあるYouTuberの仕事なので、500万円であると信じたい。

LogTubeの公式twitter&公式LINE@でYouTuber最新情報をお届け!
ホーム画面に追加しよう!

またはブラウザのオプションメニューからホーム画面に追加すると、LogTubeをより便利にお使いいただけます。

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz