この記事の動画:
Fischer's-フィッシャーズ-
フィッシャーズ 企画よりぺけたんの髪型に目がいくと話題

Fischer's-フィッシャーズ-をみる コメントを投稿

Fischer's-フィッシャーズ- このYouTuberをみる チャンネル登録

フィッシャーズ 企画よりぺけたんの髪型に目がいくと話題

2018年9月23日、人気YouTuberであるフィッシャーズが「【当たればズブ濡れ】K.Oウォーターゲームが緊張感ありすぎて面白い!!」を公開した。「的に物を当てると水が落ちる装置」を校庭に設置したメンバーがその装置の下に座り、順番に的に袋を投げていくという企画だ。もちろん的に袋が当たれば水が落ちるのでスリル満点なゲームとなっている。参加するのは、シルクロード(以下シルク)、ンダホ、マサイ、ぺけたんの4名だ。

 

的当てとスリルとフィッシャーズ、すなわちK.Oウォーターゲームの始まりだ。視聴者からは企画よりもぺけたんの髪型にコメントが多いことについては苦笑してしまう人も多いのではないだろうか。

 

企画説明の際に袋を投げるふりをするシルクだが、ンダホが元野球部らしい機敏な動きでキャッチしようとしてしまうのであった。

説明を終え、次に順番を決めてゆく。

なんと1番座者にシルクが立候補したので、投げる順番は、シルク(座る役)→マサイ(投げる役)→ンダホ→ぺけたん、となる。座る役と投げる役が一人ずつズレていくシステムだ。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4qZIn0jpIzg

 

「当てちゃいますよ!?」と自信満々に煽るマサイだが、1球目は的を射ることはなかった。

ヤジが飛び交いつつ、続くは座る役がマサイ、当てる役はぺけたんだ。

 

ぺけたんの球は左に大きく外れ、マサイはセーフとなる。次のぺけたんは座りながら「この順番はやばくね!」と焦る。そう、ンダホが投手なのだ。奇声を上げるぺけたんとマエケン(野球選手)のマネをするンダホ。しかし打球は右に逸れアウトとなってしまう。

今回の優勝候補、ンダホに座順が回ってくる。

「あいつをね、封じればね……」と気合が入る様子のシルクと「今日は優勝できそうなのに」と衝撃に耐えるンダホ。打球はまっすぐ飛んで行き、しかしあと少しというところで急速に落下した。威力が足りなかったのであろう。

その後、しばしプレイを続けたところでついに1人目の脱落者が出る。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4qZIn0jpIzg

シルクだ。バケツから物凄い勢いで水が零れてゆく。想像以上の濡れ方に思わず盛り上がる一同であった。一方シルクはバケツの水が臭いと訴える。きっと後に控えるメンバーにも「絶対に濡れたくない」という気持ちが生まれただろう。そして水をかぶったシルクがお坊ちゃんみたいだとンダホは笑うのであった。

 

その後も順番に投げてゆくメンバーたちだが、ここで思わぬアクシデントが発生する。ぺけたんの投げた袋が的に当たったのだが威力不足でバケツから水が落ちなかったのだ。とても悔しそうなぺけたんだ。

そして、ぺけたん、マサイと続々と脱落者が出て、今回優勝となったのはンダホになった。元野球部の投球は伊達じゃない。

そして企画終了後、シルクから鬼のような知らせが。

「次回、熱湯でやります」

次の企画でけが人が出ないことを祈ろう。

 

リスナーからは「ぺけたんの髪型なんか草」、「シルクさん前髪あるの好きなんだが。」、「マサイは濡れててもイケメンだなぁ。」と普段と違うメンバーの姿に様々な感情を抱くコメントが多かった。

フィッシャーズは見ていて童心にかえることができるような、思い切り「遊び」をやっているところが高ポイントなのかもしれない。なんにせよ、今後も目の離せないグループだ。

 

フィッシャーズの記事をもっと読みたい方はこちら

https://logtube.jp/?s=%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BA

 

LogTubeの公式twitter&公式LINE@でYouTuber最新情報をお届け!
ホーム画面に追加しよう!

またはブラウザのオプションメニューからホーム画面に追加すると、LogTubeをより便利にお使いいただけます。

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz