水溜りボンドがAERA表紙に!インタビューで信念語りネットでは「大人賢い」と評判に

2019年9月、UUUM所属の人気YouTuber水溜りボンドが経済誌「AERA」にてインタビュー記事が掲載され、普段動画では見せない「大人で賢い一面」を披露したとネット上で話題となった。

また、インタビュー内では彼らがこれまで貫き通してきた「信念」も語られており、YouTubeユーザーや水溜りボンドファンだけでなく、これまでYouTubeに触れることがなかったり、エンタメ系のチャンネルを視聴しない大人層からも注目が集まることに。

水溜りボンドがAERAに登場!経済誌オファーに驚きの声


出典:https://www.amazon.co.jp

2019年9月、子供から大人まで幅広い年齢層から支持されている人気コンビYouTuber「水溜りボンド」の2人が経済誌「AERA」の表紙を飾り、発売当初ネットを中心に大きな話題を呼んだ。

また、誌面ではインタビューも受けているのだが、受け答え内容がきちんと「経済誌向けけ」「知的な大人向け」なものであったことから「大人で賢い」「水溜りボンドが取り上げられるの分かる」など、感心・驚きの声が挙がることとなった。

水溜りボンドの動画撮影にかける「信念」とは


出典:youtube.com

インタビューでは、やはり主にYouTubeに関する話題が多くその中でも「チャンネル登録者400万人達成」の快挙について深く掘り下げられている。

水溜りボンドはよく「YouTube界のNHK」と称され、日本人YouTuberの中でも特にクリーンなYouTuberとして評判。YouTubeの視聴者層は主に若者が多いため、動画がヒットし人気を獲得するにはある程度の「刺激」も必要となるが、水溜りボンドはこれまで一度も注目を集めるような過激路線には手を出さず、モラルを持って活動を続けてきたのだという。


↑水溜りボンドの初投稿動画

また、彼らは特定視聴者層をターゲットとしたマーケティング能力は持ち合わせておらず、これまで「狙った」動画は投稿したことはなく、あくまで「自分たちがおもちろいと思ったこと」だけをひたすら続けてきたとも。

 

・「ずる(瞬間的に視聴率を稼ぐ過激行為)」をしない

・「自分たちが面白いと思ったこと」だけを動画にする

非常に簡単そうに見えるが、正しいこと・やりたいことを何年間も続けるとなると、なかなかの「信念」が無い限りは途中で心が折れてしまうことだろう。

しかし、水溜りボンドの2人は無名時代から人気を獲得するまで、小さなミスは少なからずあったものの大きく道を踏み外す事は一度もなく初投稿から現在に至るまで「全く変わらないスタイル」を貫き通してきた。


↑現在は、鈴木おさむ氏を始めとする芸能人・有名人とのコラボ動画も

当初、大きな話題に挙がる大ヒット動画を生み出すことは殆どなかったが、それでも信念を曲げずにコツコツと積み上げてきた彼らの努力の成果は、現在の動画のコメント欄やAERAでのインタビューに寄せられた感想などから読み取ることができる。

「受け答えが大人」「安心した」などの声も


↑「Wellness AWARD of the Year 2019」にてカンタが特別賞を受賞

そんな水溜りボンドの「信念」が語られたAERAのインタビューに寄せられたネットの反応の多くは、先にも少しご紹介したが「受け答えが大人」など、称賛の声が多く「YouTuberが何故経済誌に?」などという疑問の声や批判が挙がることは殆どなかった。

他にも「AERA読んで安心した。まだまだ水溜り続くね」「今回の(雑誌掲載)で大人に更に認知されると思う」など、水溜りボンドが更に多くの人々の目に触れることを確信する声も。


↑常に初心を忘れない誠実さが人気の秘訣!

初投稿から約4年、まだまだ勢いが衰える様子を見せない水溜りボンド。2020年1月でYouTube活動5周年・コンビ活動6周年を迎えるが、今後も地道な努力を積み重ねる彼らの、彼ららしい誠実な活躍には目が離せなさそうだ。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
0 ---------
投稿日:2019年11月12日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz