この記事の動画:
たっくーTVれいでぃお
たっくー YouTubeの新規約を解説「木っ端微塵にするで」

たっくーTVれいでぃおをみる コメントを投稿

たっくー YouTubeの新規約を解説「木っ端微塵にするで」

2019年11月17日、たっくーTVが「YouTubeから変な質問きたんですけど・・・」を公開。YouTubeの新規約を解説し話題になっている。

 
たっくーTVは自身のチャンネルは子供向けコンテンツではないから問題ないとしながらも、YouTubeが新たに作った規約について説明をしている。

 

 

YouTubeが木っ端微塵にするのは誰?

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=VNAIZCT-Z4I&feature=youtu.be

YouTubeの新規約は以下の2つである。
①YouTubeが独自の裁量で採算に合わないと判断したユーザーに対してサービスへのアクセルを解除出来る。この規約に対したっくーTVは元々あった規約を分かりやすく書き直したものであると説明。
②子供向けコンテンツにおけるYouTubeの規約変更。広告の制限とコメント欄の閉鎖。この規約に対してたっくーTVは過去にGoogleが子供向け動画に広告を付け個人情報を収集したとしてCOPPA(児童オンライン保護法)違反で和解金180億円の支払をした事を紹介。
このことから自身のチャンネルが子供向けなのか、違うのか自身でYouTubeに報告をし、もし嘘の報告をしたらそのチャンネルは木端微塵になると説明。最後には「YouTubeもコンプラばかりでテレビと同じようなコンテンツになっていく」とコメントをした。

 

 

 

規制が厳しくなっていくYouTubeに視聴者は

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=VNAIZCT-Z4I&feature=youtu.be

動画を見た視聴者は「ある日は子供向け、ある日は全年齢、ある日は大人向けの動画の人はどうするんだろ」「たっくーは変わらないでくれよ…愛してるからな……」「だからこういう発表がある度に「YouTubeはクリエイターを潰しに来ている」とめっちゃ言われる」「結局テレビと同じ道を辿ってるな」と戸惑いながらもたっくーTVを応援するとのコメントが多い。

 
今後もたっくーTVにしか出来ない動画や説明でYouTubeとして動画を撮り続けることに期待したい。

 

たっくーTVについてはこちらから↓

たっくーTVれいでぃお

noda chito
noda chito 初めまして。野田ちとです。 YouTube歴は10年、好きなYouTuberはヒカキンと水溜りボンドです。 YouTubeが「ようつべ」と言われていた時からYouTubeは見ていましたが、ニコニコを見たりとアニメを見たりと遠ざかった時がありました。 子供がヒカキンにハマってからは、私も一緒に見るようになりました。今では家族みんなで見ています。
0 ---------
投稿日:2019年11月19日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz