• NEWS
  • 2020.01.24

これを見ればQuizKnockがわかる!!人気動画6選

「高学歴YouTuber」の中でも異例の速さで登録者が100万人を突破したQuizKnock(クイズノック 通称“QK”)。YouTubeの動画だけでなく、テレビ出演やアプリの開発など、様々な分野・メディアでも話題を呼んでいる超頭脳派集団として注目を集めている。

今回は「QuizKnockってどんなグループ?」「QuizKnockってどんな動画を投稿しているの?」など、QK初心者の方が最初に見ておくべき「彼らの代表作」をご紹介するので、テレビなどQKを知り、これからYouTubeチャンネルをチェックしていこうと思っている方はぜひご注目を!

これを見ればQuizKnockがわかる!!人気動画6選

東大生が日本一バカな大学の入試に本気で挑戦したらどうなる?

伊沢・川上が「日本一バカな大学の入試」に本気で挑戦!

かなり攻めっけのあるタイトルに「俺は炎上したくない!」とヒヤヒヤする伊沢だったが、渡されたのは天才バカボンのパパの母校である「バカ田大学」の入試問題集!

架空の大学にホッとする2人だが、普通の入試問題とはかけ離れたなぞなぞや感情に左右されるタイプの超難問揃い!?

頭が柔らかく、そんな超難問もスラスラ問いていく2人。伊沢・川上は見事バカ田大学試験合格となるか?

Googleの入社試験をガチで解いてみる

「馬鹿と天才は紙一重」。バカ田大学の動画を視聴してから見るとより楽しく視聴できるのがこちらの動画だ。

ユニークな出題が多いということで有名なGoogleの入社試験問題に、QKメンバー4人が挑む!!クイズのような、数学のような・・・問題を見ているだけで頭がこんがらがってしまうような超難問にどれだけ正解することができるのか。

また、正解者による「よく分かる解説」にも注目!「頭の良い人は教えるのも上手」なので「難しい動画は苦手・・・」という方もぜひチェックを♪

東大クイズ王なら存在しない漢字に気づくのか

頭脳派集団QuizKnockは、ドッキリももちろん超頭脳派!

伊沢以外全員が仕掛け人というこちらの動画。存在しない漢字を出題した際、伊沢はその間違いに気づくことができるのか・・・!?

「ドッキリ」というだけでも面白いことは確定だが、伊沢にどれだけ気付かれずにドッキリを仕掛けていくのかという部分も要注目。よくある「雑なドッキリ」も面白いが、早稲田・東大生による「綿密な計画のもと仕組まれたドッキリ」に思わず感嘆の声を漏らしてしまうかも・・・!

灘中学の入試問題に東大生3人が大苦戦!

私立中学トップクラスの難関校である灘中学校の入試問題に、東大生メンバーの伊沢・こうちゃん・川上が挑む!

回答者である川上は、メンバー内唯一の灘出身者。彼にとっては“絶対に負けられない戦い”だ。

因みに、灘中学の偏差値は驚異の77(2020年調べ)。中学の入試とは思えない「こんなの小学校で習ったか??」レベルの超難問に、コメント欄では頭を抱えるファンが続出・・・。勉強に自身のある方は、正解を見る前に何問問題が解けるか腕試しをしてみるのもおすすめである。

東大生でも四国がオーストラリアになっていたら気づかない説

「お硬めの動画投稿してるのかと思ったら、面白い動画ばかりだった」と、学歴問わず様々な層の視聴者から大人気のQK。

こちらのドッキリ動画も非常に人気が高く、投稿から約2年が経過した現在でもまだまだ新たにコメントが寄せられているぞ!

四国とすり替えられたオーストラリアにはすぐに気が付いてしまった伊沢。今回は「大失敗」で企画は終了・・・と思いきや!?

衝撃の結末はぜひご自分の目でお確かめあれ!

東大生がバカ大学の入試に3人がかりで挑戦した結果…

現在もQK動画で一番人気の「バカ田大学」動画の第二弾!前回は「冷やし中科」のテキストを使用したが、こちらの動画では新たに「馬科(ばか)」のテキストが使われている。

自称「バカ田大学在学生」の伊沢。今回も傾向と対策はバッチリで、意地悪ななぞなぞ問題も難なくクリア!

伊沢のスキルにも驚きだが、それよりも更に驚きなのはメンバー達が「問題全文をしっかり理解している」ということ。コメント欄にも書かれているが、彼らはあの長~い問題文を「読んで」いるのではなく「リスニング」だけで解答しているのだ・・・。

QuizKnock人気動画6選まとめ

今回は、QuizKnockの楽しさが分かる、人気動画上位6本をご紹介したが、いかがだっただろうか。

「YouTubeは勉強や仕事での疲れを癒やすためのツールなのに、動画でも勉強かよ・・・」と、敬遠しがちな人もいるかもしれないが、彼らの動画はただ「勉強勉強!」というだけでなく、それに「エンタメ」を加えたことで、勉強の嫌いな人・苦手な人でも楽しむことができる極上の娯楽チャンネルとなっている。

また、彼らはただ自分たちの知識を披露しているというだけでなく、必ず誰もが理解しやすい詳しい解説を付け加えてくれる「誰も置いてけぼりにしない」スタイルもまた、彼らの魅力の一つと言えよう。

大人も子供も、QKの動画を見たら勉強が楽しくなっちゃうかも!?勉強が大好きな方はもちろん、勉強を好きになりたい方もぜひQuizKnockのチャンネルをチェックしてみよう!

QuizKnockのチャンネルはこちら

(アイキャッチ画像出典:twitter.com)

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz

AUTHOR

瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。