• NEWS
  • 2020.03.27

デカキン UUUMに所属していたことを報告!

ヒカキンのものまねで80万人以上のチャンネル登録者を保有するYouTuberデカキンが、UUUMに所属していたことを動画で報告した。ヒカキンとのコラボ動画になっており、ヒカキンからも激励が送られた。

デカキン、UUUMに所属していた

2019年10月に所属

ヒカキンのものまねで有名なYouTuberデカキンが、ヒカキンが設立したYouTuber最大手事務所UUUMに所属していたことを報告した。所属したのは昨年10月とのことで、ヒカキンから「報告が遅いよ!」とつっこまれる場面もあった。所属してから半年経ってからの報告になり、忘年会などにも既に参加していたという。

大きい仕事も任されるようになった

UUUMに所属し、経済産業省のプロモーションや東海ラジオのレギュラーが決まるなど大きな仕事もできるようになったというデカキン。やはり、UUUMの偉大さを実感しているようだった。ひとつの仕事でも、本当に多くの人が動いている事務所だそう。YouTuberにとって心強いサポートをしていることがわかる。

鎌田さんの夢を見た

UUUMに所属した経緯として、UUUM代表取締役の鎌田さんに誘われた夢を見たと説明。それが正夢になりUUUMに所属できたことは、今までのデカキンの頑張りがあってこそだったのだろう。

ヒカキンがUUUMの秘話を語る

UUUMを設立した経緯

ふたりの会話は進んでいき、ヒカキンがせっかくの機会だからと、UUUMの設立経緯やYouTubeへの思いを語った。鎌田さんに出会い、こんなに信頼できる人はいないと確信し、組んでやっていこうと思ったことが設立の発端だったそうだ。社名は、「うーむ」と悩んでいた時に思いついた社名だと明かした。

常に動画のことを考えられる環境が大切

ヒカキンはYouTubeは一人でも作れるものだと考えていたそうだ。しかしどうしても確定申告など動画以外の仕事も増えてしまう。フリーであるがゆえ、無駄な時間も増えてしまっていたと説明。事務所に入れば常に動画のことを考えられる環境になり、クオリティーがあげられると語った。

すべては人とのつながり

ひとりでできないこともたくさんある。YouTuberとして高みを目指すにはチームで動き、人とのつながりが大切だと熱く語った。デカキンも深く頷き、とても感慨深い様子だった。チームで戦っていく大切さを改めて痛感したようだ。

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz

AUTHOR

YouTube歴:3年 好きなYouTuber:パラスティカ 趣味:映画鑑賞、ペーパーシアター