• NEWS
  • 2020.05.13

カジサック 登録者数200万人目前 これまでの道のりをまとめてみた

キングコングの梶原雄太がカジサックとして活動しているYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」のチャンネル登録者数が200万人目前に迫ってきている。これを記念し、カジサックのこれまでの道のりをまとめてみた。

カジサック 登録者数200万人目前

いよいよ200万人が見えてきた

キングコング梶原雄太が開設したYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」のチャンネル登録者数が、いよいよ200万人となる。カジサックはツイッターで「震える・・・」「なんか、、胸がざわざわします。。」と更新し、200万人突破目前の心境を報告した。特別な「200万人」に向けて走り続けます!とし、意気込みを語った。

YouTubeとテレビの架け橋的な存在


出典:カジサック、登録者数100万人を突破

カジサックはこのチャンネルを、YouTubeとテレビの架橋的な存在にしたいと語っている。「テレビを見なくなっている若者たちにも芸人の面白さを知ってもらいたい」とし、芸人ユーチューバーならではの視点から動画を制作し続けてきた。芸人だけでなく番組スタッフやYouTuberなど、さまざまな人とコラボをしている。

ネットの反応

カジサックの部屋の道のり①

2018年10月1日にチャンネルを開設


出典:カジサック公式Twitter

カジサックは、2018年10月1日にチャンネルを開設した。「2019年12月末でチャンネル登録者数が100万人に届かなかった場合は芸能界を引退する」と宣言し、ネットニュースでも話題となっていた。最初は低評価続きだったものの、2019年7月11日に100万人登録を達成し、総再生回数は5億回を超える人気ユーチューバーに成長した。

YouTuberになったきっかけ


出典: 【地上波レギュラー】水溜りボンドさんと地上波コラボ!!

YouTuberになったきっかけは、水溜りボンド、フィッシャーズなどの人気ユーチューバーと共演したとき、人気の凄まじさに衝撃を受けたことや、芸人として限界を感じ新たな挑戦をしたかったことだと語っている。のちに、水溜りボンドともYouTube動画でコラボをしており、ラファエル、ヒカル、へきトラハウスなどとも親交があるそうだ。

カジサックの由来


出典:【VVmagazine】人気YouTuber&芸人のカジサックさんが教えてくれた!

カジサックの由来は人気番組「はねるのトびら」内のコントで演じたキャラクターの名前からつけた名前だそうだ。イメージを視聴者にもってもらうために、頭に白いタオル、赤ジャージ、胸に名札をつけるというインパクトのあるビジュアルを作り上げている。

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz