• NEWS
  • 2020.08.18

エガちゃんねる 江頭が作り上げた花火を打ちあげる

YouTubeチャンネル「エガちゃんねる」開設半年を記念して、江頭2:50がYouTubeのライブ配信で花火大会を行った。途中、大雨に見舞われるアクシデントがあったが、無事に花火を打ち上げることができ、チャンネル開設半年を祝うライブ配信が成功した。

 

エガちゃんねる 江頭2:50が作り上げた花火を打ちあげる

エガちゃんねる 花火を打ちあげ「死にたくなったらこれを見ろ」

YouTubeチャンネル「エガちゃんねる」開設半年を記念して、江頭2:50が花火大会をYouTubeでライブ配信を行った

アナウンサーの大熊英司が司会を努め、ゲストにYouTubeチャンネル「エド先生のYouTube」の芸人 エド・はるみを迎えた花火大会。さらに動画内BGMを担当する和楽器&洋楽器ユニット『イザナギ』津軽三味線の浅野祥もゲストとして登場した。

途中、大雨が降り出すというハプニングが起きたが、その後は7万2千人が配信を見守る中、無事に花火を打ち上げることに成功した。

最後には江頭2:50が涙を浮かべながら、「死にたくなったらエガちゃんねるを見ろ! 馬鹿馬鹿しくて死ぬのが嫌になるから。お前ら最高!」と締め括った。

 

もっとエガちゃんねるについて知りたい方はコチラ↓

エガちゃんねる

 

エガちゃんねる 自ら花火を作り打ち上げる

画像引用:YouTube

ライブ配信中、ビートたけしの「火薬田ドン」を真似た衣装と「火薬田ドーン」が書かれたヘルメットを被った江頭2:50が登場した。

江頭2:50は、今回のために花火職人に弟子入りして花火を作り、それを打ち上げるまで全ての工程を自分自らで行った。

さらに、なぜ花火を打ち上げるに至ったのかと聞かれた江頭2:50は、

「花火が打ち上がらない夏なんて夏じゃない」

「エガちゃんねるファンにはそれを味わって欲しかった」

と開設半年記念とは別の開催理由を語った。

 

花火に合わせ 和楽器バンドも登場

和楽器&洋楽器ユニット『イザナギ』津軽三味線の浅野祥がオープニングアクトで登場した。

「エガちゃんねる」の動画内で流れているBGMを弾き語った。

 

エガちゃんねる 江頭2:50が打ち上げた花火が大反響

エガちゃんねる 江頭2:50の打ち上げ花火に感動する視聴者続出

ライブ配信のチャットだけではなく、SNS上でも打ち上げ花火に感動する視聴者が続出した。

今年の夏は花火大会が軒並み中止となった影響で花火を見る機会がないことから、江頭2:50への感謝のコメントが多く見られた。

 

エガちゃんねる 江頭2:50の花火大会がツイッタートレンドに

花火大会のライブ配信の影響で、「エガちゃん」というキーワードがTwitterのトレンドに上がった

ライブ配信だけではなく、SNSでも花火大会は大反響だった。

エガちゃんねる 江頭2:50からの熱いメッセージ

ライブ配信終盤では、7万2千人の視聴者がいることに対して、

「7万2千人も頭のおかしいやつがいるのか」と言いながらも打ち上げ花火が無事に成功できたことの喜びを露わにし、涙を流した。

最後には、

死にたくなったらを見ろ! 馬鹿馬鹿しくて死ぬのが嫌になるから。お前ら最高!

と締め括った。

 

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz

AUTHOR

YouTube歴5年、好きなYouTuberは水溜りボンドさんとかっつーさん。趣味は読書、映画鑑賞。YouTuberだけではなく、ゲーム実況なんかもよく見ます。