• NEWS
  • 2020.05.15

ヒカキン 大人気企画エゴサシリーズ「キモい」で検索した結果

ヒカキンが自分自身をネガティブワードと共にエゴサするシリーズ。その2弾が公開された。

今回の検索ワードは「ヒカキン キモい」

前回同様、遠慮ないネットの残酷さをグサグサと受け止める。自らを犠牲に、ヒカキンファンの多くを占める子供たちへのメッセージを感じる動画となった。

心もつかな…“反撃します!”

『出典:【エゴサ】ツイッターで『ヒカキン キモい』で検索したらヒド過ぎてブチ切れ反撃!【エゴサーチ】【Twitter】

前回の動画が盛り上がったこともあり、早速Twitterにて検索をかけていくヒカキン。

初めは“キモい”と言いつつ、なんだかんだヒカキン愛を感じるツイートに、「褒めてるね、許すわ!」と笑顔が見られた。この調子で進んでいくかと重きや、次第に雲行きは怪しくなっていく……。

“母親にヒカキンの変顔のマネの自撮り送ったらキモいからやめなって言われた”には、「お母さん!いいんだよ!若い子はヤンチャでいいんだよ!」

そして、“私の兄貴がヒカキンに似すぎてキモい”には、「ヒカキンに似てるなんて自慢の兄貴じゃねぇかよ!」と全力で表現しつつも、「そういうこと言うなよ!お兄ちゃん…ごめんなぁ!とフォローした。

愛猫に助けられる?!

『出典:【エゴサ】ツイッターで『ヒカキン キモい』で検索したらヒド過ぎてブチ切れ反撃!【エゴサーチ】【Twitter】

「ヒカキン キモい」が含まれるツイートの中にも、“飼ってる猫は可愛い”“猫がその不快感を上回る可愛さで、ついいいね!してしまうよ”という意見がちらほら。彼の愛猫にメロメロの視聴者も多く、チャンネルは2匹に大いに助けられているようだ。

いつものように「まーるお♡!もーっちゃん♡!」と猫撫で声で愛情表現をし、自由気ままで可愛らしい愛猫の姿を公開。彼らしい形で2匹に感謝を伝えていた。

ご意見多数?!「どんな笑い方してたっけ?」

「ンフッフッフッwww」

『出典:【エゴサ】ツイッターで『ヒカキン キモい』で検索したらヒド過ぎてブチ切れ反撃!【エゴサーチ】【Twitter】

検索に引っかかったものの中で、具体的に1番多く寄せられたのが、ヒカキンの笑い方に付いての意見。一つ一つ読み上げる度に、「ンフッフッフッwwww」。やはり自然に出てしまうようだ。

「これがダメなんだ!アハハハ!どんな笑い方してたっけ?」と本人ももはや混乱してきてしまった様子。“めっちゃくちゃにわかりみ”、“一回気になったらあかんやつやわ笑”、そして笑い方が写り困っているという声にも、「いいんだよ!やってこうよ!なんかそれ言われると笑い方気をつけちゃうわな……いや!このままいく!!と強気でマイウェイ宣言をした。

視聴者からのコメント

『出典:【エゴサ】ツイッターで『ヒカキン キモい』で検索したらヒド過ぎてブチ切れ反撃!【エゴサーチ】【Twitter】

今回のエゴサ動画に視聴者からは、

「笑っているけど本当に傷ついてないか心配です……無理しないでください。私はHIKAKINさん大好きです!!」

「HIKAKINさんそりゃHIKAKINさんみたいに素晴らしい人がいたらみんな嫉妬しますよ笑」

「笑いに変えてくれている・・・神じゃない?」。

普通に自分が言われたら傷つくから……と、ヒカキンの笑顔の裏側を心配する声など、ファンからの暖かさでコメント欄は埋め尽くされていた。

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz