元プロゲーマーKUNの年収は?

FPS系の動画を中心に活躍しているユーチューバーであるKUN。登録者数40万人を越えるKUNの年収についてまとめた。

元プロゲーマーKUNの年収は?

 KUNは自分の年収を明らかにしていない

KUNは自分の年収について具体的に述べることは一切していない。これは、YouTubeのアドセンス規約に反するものなので、具体的な数字を出した動画をアップすると収益ストップや警告が来てしまうからだろう。

これはどのYouTuberにも当てはまることなので、KUNも収益のことに関しては具体的な言及は避けている。

昔のKUN動画では挑発的なもの申す動画も多かったが現在の少し静かめのKUNの動画では「松屋の牛丼1杯分」という表現が使われている。

KUNは仕事としてYouTuberをしているので、この松屋の牛丼1杯分というのは絶対に嘘だといえる。KUNの動画のスーパーチャットだけでも月に1万円を越えているのが確認できるからだ。

結局、KUNの収益はなぞのままだ。

KUNの年収は父親を越えている

このラジオを聞く限り、KUNの両親はかなりドライだったことがうかがえる。本人もまた、大人なドライさを兼ね備えているようだ。

ほかのラジオ動画では、KUNは父親に時計をプレゼントしたと話していたことがあった。KUNの父親の年収を超えたから、親に何かしてあげたくなったのだという。

ちなみに、KUNは自分でも言っていた話だが実家がそこまでお金持ちでもないという話をしている。そして、KUNは大学に奨学金を借りて通っていたそうだ。

そして、奨学金はいろいろな種類があるが中には親の年収が300万円より上の人は借りることのできないものもある。このことから考えると、KUNの年収は少なくとも300万以上の可能性があると見てよいだろう。

再生回数以外にも、案件報酬もある

KUNのメインチャンネルは40万人のチャンネル登録者数を誇る大規模チャンネルである。ここまでの大きなチャンネルになると、企業からの案件が打診されることもしばしばあるのだ。

炎上系YouTuberでおなじみシバターの動画によると、案件の報酬相場はチャンネル登録者数×1.5なのだという。KUNの場合、チャンネル登録者数は40万人を越えるのでこの1本の動画で40万は稼いでいることになる。

KUNは人気のYouTuberなので、自作動画の広告収入以外にもこのように1本40万の動画が何本かあるので、結構もらっているのかもしれない。

 

KUNのネコチャンネルも収益になっているはず

KUNはネコの動画もアップしている

KUNは昔、獣医になりたかったということがあるほど動物好きで実家ではラブラドールレトリバーを飼っていたそうだ。

そして、KUN自身も現在、自分でネコを飼っていて、ネコチャンネルを開設している。ネコチャンネルの登録者数は1.5万人なので決して少ないというわけではないといえる。

このことから、KUNの年収はFPS関連の動画以外にもネコのチャンネルからの収益も考慮する必要があるのだ。

収益が止まっていた時期もあった

KUNは一時期、収益が止められてしまったことがあった。運営側のミスで収益が止められていたようだ。

ほかにも、2017年からFPS系の動画は暴力動画に指定されてしまい、収益化が難しくなってしまった時期もあった。

このころも、KUNはいろいろと悩んでいたようだ。YouTuberは子供の憧れな職業であることは間違いないが会社員でいたほうが安心という部分もなくもないといえる。

KUN

LogTubeの公式twitter&公式LINE@でYouTuber最新情報をお届け!
ホーム画面に追加しよう!

またはブラウザのオプションメニューからホーム画面に追加すると、LogTubeをより便利にお使いいただけます。

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz