【インタビュー】人気再燃中の禁断ボーイズが掲げる『目標』とは?ファンへの感謝の想い語る

今回インタビューさせていただいたのは、現在人気再燃中の注目グループYouTuber「禁断ボーイズ」の皆さん!

いっくんさん、モーリーさん、田中さんから活動復帰後の苦しかった時期のお話や応援してくれるファンの方々への想い、そして今後の目標などを伺ってきました。

ドキュメンタリー映画を見たファンの反応は?

--活動休止から復活してドキュメンタリー映画を作成されたとき、そのきっかけは「再起するため」と伺いました。

映画公開後、周りの反応はいかがでしたか?

いっくん:そうっすね、見てくれた人は凄い「禁断ボーイズのことをもっともっと好きになった」って言ってくれました。

悪い所もいい所も含めてリアルな禁断ボーイズが(映画で)見せることができたので、やっぱ親近感が湧くんですかね。人間なので、僕らも。

--「リアルな禁断ボーイズ」とは?

普段は普通の生活をしているので、喧嘩とかもするしダラダラしたりとかもあるんですよね。

受験勉強みたいに、毎日できるわけじゃなくて「動画撮るの面倒くさいな」と思っちゃうときもあるし遊びに行っちゃうときもあるし、という感じですかね。

イベントに参加するファンへ想うことは?

--イベントでファンの方と直接お話する機会が沢山あったと思いますが、ファンの方にはどういった気持ちで触れ合っていたのでしょうか?

モーリー:ほぼ「感謝」やね

いっくん:そうだよね。やっぱり見てくれる人がいないと僕らの仕事(YouTuber)って成立しないので。


↑イベントだけでなく、ファン参加型の動画企画も行っています

いっくん:動画を見てくれている人ももちろん大切なんですけど、見てくれて尚イベントにも来てくれるっていうのは、相当僕らのこと応援してくれているし、相当好きでいてくれてるんやなと思うんで。

一秒でも幸せな時間を提供できるようにって思って活動しています。

「このイベントだからこう」っていうのは特に無くて、どのイベントでもいつもそう思っていますね。

禁断ボーイズ再評価についてメンバー達が思うこと

2019年2月、活動拠点を新たな家に移した禁断ボーイズ。

その頃から徐々に動画の再生数が増え始め、ファンや視聴者から「面白くなってきた!」「禁断らしい動画になってきた」という禁断ボーイズ再評価の声が多く寄せられるようになってきました。

--お引越しされたあたりから視聴者さんから「最近の雰囲気が好き」「面白い」と絶賛するコメントが増えていたり、動画の再生数が増えている印象があります。それについてはどう思われますか?

いっくん:色々な思いはあるんですけど、あんまり(反応は)気にしないようにしたいなと思っています、なるべく。

こういう仕事していると、人の目がめっちゃ気になっちゃうんで。

結局さっきも言いましたけど根本は「見てくれている人を幸せにする、喜ばせる、ちょっとでも笑ってもらえたらいいな」という所なので。

そこで数字を意識しちゃうと(動画内容が)過激になっちゃったり、やっちゃいけないことをやったりしてしまうというのもあるので、視聴者が喜ぶからどうとかではないかなぁっていう・・・

--初心に帰って・・・という感じですね。

皆が今「いいな」と言ってくれるから良いというわけではなくて、まず自分達が面白いって思うものを動画に撮って、それを喜んでもらえたら。

無理して皆に面白いって思わせようとすると、どんどん感覚が狂って行くんです。

もちろん色々準備していた期間もあるので、自分たちの中で世間的に「面白くなったね」とか「戻ってきている」と言われる感覚は分かるんですけど・・・

--実際そういう声は日に日に増え続けているように感じます。


↑2019年1月頃から再評価の声・再生数共に増え始めてきました

いっくん:まぁ、でもどうなんですかね・・・

それは皆の見える表面的なところだけで、例えば50万再生でコメントは1000件ぐらい来るんですけど、でも50万人見てて1000件しかコメントないんで、500分の1の意見に左右されていてもなぁっていう。

--確かに、大多数の意見として受け止めるべきではないかもしれませんね。

過去に動画を見られなくなるっていう一番怖い経験をしているので、あんまりコメントを気にしていたら、そりゃファンの層は違うので、すごい好きな人は面白いと思っていても、別にそんなに好きじゃない人は「あれ?普通」っていうか気にもかけない、見て終わりとかになってくるんですよね。

--コメントするぐらい熱量がある人だけじゃない、ということですか?

いっくん:そう。ありがたいとは思うんですけどそれに左右されるのは違うかな、って感じですね。

メンバーチェンジ無しで活動を続けられた秘訣とは?

--現在に至るまで、再生数が思ったように伸びなかったり批判的なコメントが送られるなど辛い時期などありましたか?

いっくん:前(復帰直後)は辛かったですね・・・

--その中でメンバーの皆さんで意見が割れたりとかということがあったと思いますが、そういうことがありながらもずっと同じメンバーで続けて来れたのは何故だと思いますか?

モーリー:・・・愛ですね。

田中:・・・お金ですかね。

いっくん:リーダーの人望ですかね・・・

田中:おい、自分で言うな(笑)

いっくん:言ってくんないからさぁ・・・

一同:リーダーの人望です、人望。

田中:慕ってるんです

いっくん:(小声で)神なのかもしれない・・・

田中:神なのかもしれない・・・

--小声で何かが聞こえてくるんですが・・・(笑)

では、いっくんさんのどんな所について行きたいという魅力を感じますか?

モーリー:神かなぁって思ったんで、やっぱり(笑)

--それ、いつ思いましたか??(笑)

モーリー:あー・・・

いっくん:(小声で)崇めよ・・・

モーリー:崇め・・・え?崇めよ・・・だそうなんで、そんなところですね。

いっくん:(小声で)出会った瞬間・・・

モーリー:出会った瞬間。

いっくん:(小声で)ビビッときた・・・

モーリー:ビビッときた。

いっくん:(小声で)こいつだって思ったって・・・

モーリー:こいつだって思いましたね。

田中:華があるんですよね、カリスマ性と華が大事なんですよ。

モーリー:華ね・・・

いっくん:“鼻 ”ね・・・(笑)

田中:すみません、おもんないですよね(苦笑)

いっくん:そうなんすよね、割と面白くないんですよね、リアルとかはね・・・

--そんなことないです!お会いしたときからずっと笑わせてもらってますよ(笑)

いっくん:(同じメンバーで続けてこれたのは)常に笑いを求めて、こういうことをやってるからですかね。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
0 ---------
投稿日:2019年6月11日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz