笑いあり涙あり!ヒカキンゲームはメインチャンネルより面白い!

ヒカキンゲームが面白すぎる件

ヒカキン氏といえば「ヒカキン・ティービー・エブリデイ♪」のBGMでお馴染みのヒカキンTVが有名です。ですがそれと同じくらい人気チャンネルにヒカキンゲームというチャンネルがあります。(正式にはHIKAKIN GAMES)

万が一ヒカキン TVしかご覧になってない人がいるのであれば是非ヒカキンゲームも見てみましょう。きっとヒカキン氏の新たな一面を発見することができるでしょう。

今回はそんなヒカキンゲームについてまとめてみました。

ヒカキンゲームは日本トップクラスの人気がある

ヒカキンゲーム(HIKAKIN GAMES)とは

ヒカキンゲームというのはヒカキン氏がゲーム実況動画をあげるサブチャンネルです。
チャンネル登録者数は約350万人。メインチャンネルには及びませんが、それでも日本国内で6位のチャンネル登録者数を誇っています。

もちろん人気も高く、マインクラフトやスーパーマリオカートなどの実況動画は再生数1000万オーバーのメガコンテンツ。ヒカキン氏はメインチャンネルだけでなく、ゲームチャンネルのほうでも人気だったのです。

ヒカキンゲームはどんなのがある?

ヒカキン氏がしているゲーム実況は多岐にわたります。

その中でも人気なのはホラー系の実況動画でしょう。サムネをみるとクスっとしてしまう顔ですが、こうしたホラーゲームの実況は怖がる反応見たさに小中学生に大人気。

特に代表される人気ゲームは青鬼です。

追いかけてくる青鬼を避けながら謎解きをするというシンプルながらも面白いゲームアプリです。

ヒカキンといえば面白い顔をしたりリアクションが楽しいユーチューバー、ゲーム実況はそんな面白いヒカキン氏の様々なリアクションを見ることのできる相性抜群の分野だったのです。

そもそもヒカキンはなぜゲーム実況をしているの

そもそもヒカキンはなぜゲーム実況までしているのでしょうか?

チャンネルが複数あると編集の時間も大変、企画を考えるのも難しい、一つのチャンネルに時間と熱量を注いだようがいいような気もします。
ですがゲーム実況というジャンル、実は世界中で最も再生されるジャンルの一つなのです。

現に世界一チャンネル登録者数の多い海外ユーチューバーのピューディパイ氏はゲーム実況で今の地位に上り詰めました。

ゲームは自分でやるからこそ面白いという意見もあるでしょう。ですが小中学生にとってゲーム機というのはお小遣いでは買うことのできない高額商品です。自分が買えないゲームを実況主のプレイをみることで、一緒にプレイする感覚を味わえるのです。ヒカキンゲームがあることで別属性のファンを増やしていき、結果的にメインチャンネルのチャンネル登録者数の底上げにもつなげているというわけです。一見ちぐはぐに見えるヒカキン氏のチャンネル分割ですが、実は戦略的に裏打ちされていたのです。

ヒカキンゲームはどんなところが面白い?

ヒカキンゲームは下手なところが面白い

そんなヒカキン氏ですが、実はゲームの腕前はさほど上手ではありません。

「へたくそなヤツのゲームを見てなにが楽しいの?」と思うかもしれませんが、「下手だからこそ面白い」のです。

例えるなら逆上がりが全然できないクラスメイトを一生懸命見守る気分です。なかなか上手くいかないもどかしさを共有して達成した瞬間には喜びをシェアできます。これが簡単に逆上がりをこなすような人ではエンタメ性はありません

ヒカキン氏はゲームがちょっぴり下手で、おっちょこちょいなところに視聴者は思わず感情移入してしまうのです。

ヒカキンゲームはコメントに頼る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8jneAxkWldY

そんなヒカキン氏はゲームの攻略法をコメントを参考にすることがあります。
うまくいかないゲームのコツも、ファンのコメントを頼りに進めていくのです。

自分のコメントが大人気なヒカキン氏に読まれる、動画に使われる、これはファン冥利につきるでしょう。攻略サイトをみて進めるのではなく、コメントを残してくれるファンと一緒にすすめてくれるのがヒカキンゲームが人気たる所以でしょう。

ヒカキンゲームは笑いあり涙あり

ヒカキンゲームの面白いところは、ホラーゲームのオーバーリアクションやアクションゲームで失敗したときの変顔です。ですが時にゲームに感情移入しすぎて、涙を流してしまうこともあります。

長らくやってきたマインクラフトの最終回ではいつもの「ブンブンハローYouTube」を言うまえに感極まってしまいました。

ヒカキンゲームは、これだけ喜怒哀楽をこめてゲームを真剣にプレイしているからこそ、ゲームファンの心を釘付けにできるのです。

まとめ

ヒカキン氏といえばビートボックスや商品レビュー系の動画が面白いですが、それと同じくらいヒカキンゲームもおすすめです。

ゲーム実況は子供でも大人でも楽しめるコンテンツの一つ。もしまだみてない人がいるのであれば、これを機にヒカキンゲームをご覧になってはいかがでしょうか。

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz