レペゼン地球とヒカルがマホトをディスって大炎上!?チャンネルBANに追い込まれる事態に!?

2018年7月10日、レペゼン地球とヒカルがLINE LIVEにてコラボ配信を行った際、酒の勢いで人気YouTuberのワタナベマホトに対する悪口を言ったことで現在炎上中。
更にその後、全く事件とは関係無いのだがレペゼン地球のYouTubeチャンネルがジャストタイミングで凍結(BAN)されてしまうという事態となってしまい・・・!?

レペゼン地球とヒカルがワタナベマホトに悪口?

7月10日、ライブ配信サービスの「LINE LIVE」にて、レペゼン地球と予てから信仰のあったヒカルがコラボ配信を行うことに。

しかし、お酒が進んでいたことやレペゼン地球・ヒカル共々あまり自重をしない性格であることから、話題がワタナベマホトに関する「悪口大会」に発展してしまうことに・・・。

レペゼン地球・ヒカルが発言した「悪口」について

当時の配信は、マホトに対する発言をしたところのみが抜粋された動画が、一般ユーザーの手により多数投稿されている。

話を簡単にまとめると、DJ社長がワタナベマホトが以前チョコレートスモーカーズの件についてマホトが言及したことに対し、

「自分は暴力で捕まっているのに動画で『暴力はいけない』はないやろw特大ブーメランもいいとこやろww」

という「マホトをディスっている」と取れる内容の発言をしてしまったのだ。

※チョコレートスモーカーズの件って何?という方は以下の記事を参考にしていただきたい。

【チョコスモ】ジョンレノのいじめ発覚炎上動画まとめ【ヨハン】

また、ヒカルも以前よりマホトに動画で叩かれていたこともあったことからか、社長の意見に同意。
ライブ配信に参加していたメンバー全員が、マホトに対して「ダサい」「偉そう」などの発言を連発してしまったようだ。

マホトファンの逆鱗に触れ、大炎上へ・・・

もちろん、その話を聞いていたマホトファンは激怒。
彼らの意見に賛同する視聴者も多かったが、中には「他人に興味がなさそうなレペゼン地球が。名指しで悪口を言うなんて・・・」と幻滅したレペゼン地球のファンも少なくなかったようだ。

あまりにも意外な事件だったこと、そして敵に回した人物が悪かったということもあり事態は一気に炎上、事件の一部始終が悪口のターゲットであったマホトに知らされることとなった。

マホト「あんまカッカしないで!」

LINE LIVEを見たマホトファンは、もちろんTwitterにて「悪口言われてるよ!」「ヒカルとレペゼン地球がマホトのことディスってる!」と、今回の事件についてリプライを飛ばしたそう。

それについて、事態を収集するためかマホトは7月11日ライブ配信にて質問コーナーを開始した。

マホトは今回の悪口について

・自分も他のYouTuberの悪口を言っている

・自分が他のYouTuberから悪口を言われても仕方が無い、むしろ言ってもらって構わない

・皆(ファン)が怒る気持ちもわかるが、多めに見て欲しい、あまりカッカしないで

「自分は全く気にしていない」という旨のコメントを残した。
つまり「YouTuberは、人によってはお互いをディスり合って成り立つ商売でもあるので、ネタとして捉えて欲しい」という意味なのだろう。

確かに、ここでマホトが怒りを顕にし「全面戦争じゃ!」と言ったところで、何一つお互いが得をすることは無いと言っても良いだろう。

コレコレの配信にてDJ社長が釈明?

その後、YouTubeLIVEで1万人以上の視聴者を集める配信者であるコレコレの配信でもこの事件は取り上げられることに。

偶然配信を見ていたDJ社長がコレコレにコンタクトを図った模様。

そして、急遽コレコレの配信に出演することとなり、電話にてLINE LIVEにてマホトの悪口を言ってしまったことについて

・(DJ社長が)マホトと同い年なため、対抗意識があった

・最後の方は「顔がキモい」など、話が脱線して言い過ぎてしまった

・マホトの「大目に見て欲しい」配信を見て「おう・・・すまんな」と思った

と、全面的に自分たちが悪かったということ、そしてマホトに対する悪意は全くなかったということを説明した。

マホトではなく、コレコレに対する謝罪だった?

しかし、DJ社長がコレコレの配信に出演したのは、自らの釈明のためではなく、今回の事件によってコレコレが巻き添えを食らった(マホトの動画にて、ついでにコレコレがマホトに悪口を言われてしまった)ことに対する謝罪の電話だったのだ。

マホトのことを「器がでかい」など持ち上げる部分はあったものの、謝罪をするような態度ではなく「面白そうだから電話した」という発言など、あまり反省の色が見えなかったことからか、現在も未だ炎上の火は収まっていない模様。

【悲報】レペゼン地球 YouTubeアカウントをBANされる

更に事件後の2018年7月16日、図ったかのようなジャストタイミングでレペゼン地球のYouTubeアカウントがBAN(永久凍結)される事となってしまった。

「マホト、またはマホトファンの策略か」と勘違いしてしまう人もいるかと思うのでご説明するが、このBANは外部の通報によるものではなく、YouTubeの運営サイドが以前からレペゼン地球に「不適切動画」の警告を行っていたことによる、今回の事件とは全く関係のないことだということをご理解いただきたい。

レペゼン地球は以前からかなり過激な動画を投稿していたため、YouTubeから該当の動画を削除されるよう警告を受けていたのだが、それを無視し続けた結果のBANであるため、マホトとの件がある以前から既にレペゼン地球のアカウントはYouTube運営から要注意人物として監視されていたのだ。

レペゼン地球 ノーダメージ!しかし視聴者は・・・

しかし、レペゼン地球はYouTubeで収益を得ているYouTuberではなく、あくまでDJ集団『レペゼン地球』を宣伝するためにYouTubeで動画投稿を行っていたため、アカウントをBANされたところで特に大きなダメージを負うことは無いだろう。

しかし、レペゼン地球が人気になるきっかけとなったDJ社長の『あの動画』まで見れなくなってしまったことにファンはショックを隠しきれない様子。

しかし、過去にもアカウントBAN経験のあるレペゼン地球。
また再びチャンネルを立ち上げ不死鳥のごとくYouTubeに舞い戻ってくる日はそう遠くは無いだろう。

そして、彼らには「自重」という言葉が辞書に存在しないため、再び新たに作成したアカウントもそう遠くはない未来に再びBANされることはまず間違いない。

レペゼン地球とは、そういうクレイジーな男たちの集まりなのだ。

DJ社長の『あの話』についての詳細はこちら↓

DJ社長の会社設立・社長になるまでの道のりが凄すぎると話題に!?

レペゼン地球・ヒカルのマホト悪口事件 まとめ

今回の事件は、ヒカルが・・・というよりもレペゼン地球にとってはかなり痛手となってしまう騒動となってしまった。

Twitterでは「レペゼン地球見損なった」「悪口言われる方が主役、って社長言ってたじゃん!自分が悪口言ってどうするの!」と、レペゼン地球に対してショックを受けてしまったファンも多かったようだ。

更には「ヒカルなんかとつるむから・・・」というヒカルに対する非難も殺到。
現在、イメージが回復しつつあったヒカルについても今回の騒動で再び振り出しに戻ってしまったのではないだろうか・・・。

【レペゼン地球】公式

ヒカル

ワタナベマホト

LogTubeの公式twitter&公式LINE@でYouTuber最新情報をお届け!
ホーム画面に追加しよう!

またはブラウザのオプションメニューからホーム画面に追加すると、LogTubeをより便利にお使いいただけます。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
投稿日:2018年7月16日