正反対だけど仲良し!?東海オンエア&水溜りボンドの関係/コラボ動画をご紹介!(2018年最新版)

東海オンエア、そして水溜りボンド。
彼等の関係は、同じ事務所であるUUUMに所属するグループYouTuberだという以前からの仲良しであることが有名である。

今回は、そんな東海オンエアと水溜りボンドの関係やこれまでに投稿してきたコラボ動画をご紹介していこう。

動画内容は正反対!?東海オンエアと水溜りボンドについて

YouTube界の「真のバカ」?東海オンエア


出典:YouTube.com

東海オンエアは、現在はかなりマイルドになったものの、分類として見ると「ちょっぴり過激系」なグループYouTuberである。

企画力に長けている部分が彼等の凄みの一つであり「第一回〇〇選手権」シリーズは東海オンエアの定番動画として視聴者達から大変好評。

ときには高いところから飛び降りたり、数日間絶食をするなどの一歩間違えれば大怪我(過去に骨折者も出ている)や病気につながるような危険な動画も投稿しているが、どんなことにも純粋な気持ちで挑む憎めないおバカな部分も彼等の人気の秘密であるため、そんなところも含め幅広い年齢層から支持を受けている。

東海オンエア

YouTube界の「NHK」!水溜りボンド


出典:YouTube.com

東海オンエアとは対象的に「子供にも安心して見せることのできる安全な動画」を日々投稿している水溜りボンド。

まるで良い子のテレビ番組の企画のような「実験・検証動画」が数多く投稿されており、巷では「YouTube界のNHK」と称されることも。

最近は心霊写真や都市伝説、心霊スポットといった「怖い系」の動画が人気を集めているが、基本はのほほんとした「ゆったり楽しめる」動画がメイン。

その中でもふたりのドッキリの掛け合い動画は「コンビ愛を感じる」「面白い」とファンだけでなく一般視聴者からも好評である。

下ネタや暴言など、過激発言を一切しないため、過激系YouTuberとのコラボで裏の彼等の顔(?)が明かされそうになった際は、いつも視聴者は「やらかすんじゃ・・・」と、ヒヤヒヤしているとか・・・。

水溜りボンド

東海オンエアと水溜りボンドの関係は?


出典:Twitter.com

では、ここからは全く正反対の性質を持つ東海オンエアと水溜りボンドの「不思議?」な関係について迫っていこう。

実は、彼等は所属する事務所が別々だった頃からコラボ動画を投稿していたそうなのだが・・・?

コラボを持ちかけたのは水溜りボンドだった!?

コラボ動画をご紹介する前に、まずはこちらの動画をご紹介しておこう。

こちらの動画は2015年、つまり水溜りボンドがまだ登録者が10万人にも満たない頃のに投稿されたものである。


出典:YouTube.com

この動画でふたりが「東海オンエアとコラボをしたい」と、YouTubeのメッセージフォームから東海オンエアにコンタクトを取ろうと試みたのだが、残念ながら認証画面の文字羅列の解読ができず、メッセージは送れずじまいとなってしまった。


※こちらは同時期に東海オンエアが投稿していた動画です

当時、東海オンエアは既に売れっ子YouTuberで水溜りボンドの約5倍以上である約53万人の登録者を抱えており、それに対してカンタが「(コラボを持ちかけるなんて)恐れ多い」と先の動画で語っていた。

しかし、この動画を投稿した約2年後に「恐れ多い」と言っていたコラボが実現する日が来ることになるなんて、当時のカンタ・トミーは夢にも思っていなかっただろう。

東海オンエアと水溜りボンドの出会い

東海(てつや)・水ボンの初コンタクトは、なんとプライベートだったことがてつやのTwitterから発覚した。

当時、水溜りボンドは人気が上昇中で登録者が100万人を突破した頃。
ちょうど東海オンエアと同じくらいの登録者を獲得していた。

てつやの「すげえ本物だ!」という言葉から、水溜りボンドは東海オンエアから一目置かれる存在へと成長していたということが推察される。

もしかしたら、この頃からお互いが「コラボしたいねー」と相談をしていたのではないのだろうか・・・?

初めてのコラボ動画はこちら!

そして、2017年1月、東海オンエアと水溜りボンドが記念すべき初コラボの動画を投稿した。

水溜りボンドが投稿した動画はこちら↓

東海オンエアが投稿した動画はこちら↓

現在は既にコラボすることは自然な流れとなったが、当時動画を見ていた両チャンネルのファンはかなり驚いたことだろう。

動画内容が正反対であったことから水と油の存在にも感じられた東海オンエアと水溜りボンド。
水溜りボンドのファンから「イメージが悪くなるからコラボしないで!」という感想を持たれるかと思いきや、リアルタイムで動画を見ていた視聴者の感想は意外にも・・・


出典:YouTube.com

まさかの「大好評」だった。

この他にも「お互いの足りていない部分が補い合えていてとても良い」「両極端なチャンネルが合わさって『中和』されたような感じ」といったニコイチ的な感想も大量に寄せられ、東海&水ボンのコラボは初回から大成功を収めることとなった。

先輩と後輩?それとも仲良し?関係が気になる!


出典:Twitter.com

その後、度々定期的にコラボ動画を投稿している両チャンネル。
お互い敬語を使わないで話していることから「どちらが先輩?」と疑問に持っている方が多い。

果たして東海オンエアと水溜りボンド、どちらが年上でどちらが動画投稿を先に始めたのだろうか。

誰が一番年上?


出典:YouTube.com

両グループの中で一番年上なのは虫眼鏡。生まれ年は1992年である。


出典:Twitter.com

その次がその他の東海メンバーとトミー(1993~4年生まれ)。


出典:Twitter.com

そして最年少は、1994年4月4日生まれのカンタ

と言っても、全員1歳刻みでの年の差なので、最高で離れているのは虫眼鏡とカンタでたったの2歳差。

学生時代だとこれでも大先輩というイメージがあるが、大人になれば10歳以上年が離れていなければそこまで年齢の差は感じられないだろう。

どっちが先に動画投稿を始めたの?

動画投稿を開始したのも、東海オンエアのほうが水溜りボンドよりも少し早い。

東海オンエアの初投稿は2013年10月15日。

水溜りボンドの初投稿は2015年1月1日。

つまり、年齢の面でもYouTuberの面でも、東海オンエアのほうが水溜りボンドよりも「少しだけ先輩」ということになる。

もはや「先輩・後輩」では語れない仲!?


出典:東海オンエア虫眼鏡オフィシャルブログ

しかし、東海オンエアと水溜りボンドの関係について、最年長である虫眼鏡が以下のようにブログで語っている。

われわれのライバル、水溜りボンドですよ。

水溜りボンドとは登録者数抜いたり抜かれたりいい勝負してるんですが、会うたびに

「あ、カンタ、今回は俺らのほうが登録者上だから敬語でしゃべれよ」

「どうもトミーさんお疲れさまです、ご機嫌いかがですか?」

って話し方変わってたら嫌じゃないですか。

登録者数で上下関係が決まるというまことしやかな噂が、嘘だと分かっていただけることでしょう。

また、水溜りボンドは初コラボ当時から東海オンエアに「敬語禁止令」が敷かれており、年齢や経験年数関係なく仲の良い存在として接するよう要望していた。

そんなことも含め、水溜りボンドと東海オンエアの関係はただの先輩・後輩・ビジネスパートナーといった浅い関係ではなく「ライバルであり、親友でもある」という深く固い絆で結ばれているということがおわかりいただけただろう。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
3 ---------
投稿日:2018年8月28日