留学生じんが日本に来た理由は?プロフィール/Jちゃん/ぴょぴょぎ/おすすめ動画をご紹介!

昨今、K-POPの人気もあり少しずつではあるが日韓の距離が縮まりつつある中、YouTubeからも日韓の橋渡しに尽力してくれている韓国人男性がいることを皆さんはご存知だろうか。

今回ご紹介するのは、日本で活躍する韓国人YouTuberの「留学生じん」。
日本・韓国両国の魅力を発信している彼のプロフィールや日本に来た理由について、そして奥さんであるJちゃんや愛娘ぴょぴょぎなど、彼の様々な情報を覗いてみよう。

 

留学生じんのプロフィールをご紹介!

では、まずはじめに留学生じんの簡単なプロフィールからご紹介していこう。

留学生じんのプロフィール!(本名/年齢/誕生日/出身地など)


出典:YouTube.com

名前 じん

愛称 じんさん/じんオッパ

本名 非公開

生年月日 非公開

年齢 30代?

血液型 非公開

身長/体重 非公開

出身地 大韓民国

在住 東京都
(日本に住み始めて10年)

家族構成 妻・娘

留学生じんの本名は?


出典:YouTube.com

じんは現在、YouTube以外にも普通に仕事をしていることもあるためか、残念ながら本名については公表をしていない。

と、言うよりも日本に住む外国人であるため本名を公開してしまうとすぐに身バレしてしまう可能性が高いため、家族を守るためにも今後も本名を公開することはないのではないだろうか。

ペン(韓国語で「ファン」という意味)からは「じんさん」「じんオッパ(お兄ちゃん)」の愛称で親しまれている。

留学生じんの誕生日/年齢は?

じんは、本名と同じく誕生日や年齢についても詳しく公表はしていない。

しかし、以前(韓国の数え年で)30歳になる韓国人の友人についての相談について「私と同じくらいでしょうか」という返答をしていたことから、恐らくじんの年齢は韓国の数え年で30歳前後、日本人の年齢だと20代後半ぐらいであることが予想される。

【韓国豆知識その①】年齢について


出典:www.irasutoya.com

日本と韓国では年齢の数え方が違います。

例えば、日本人で2000年生まれの人の場合は2018年で18歳(満年齢)になりますが、韓国では数え年(元旦が来ると1歳歳をとるシステム)なので2000年生まれの人は20歳になるのです。

同じ年に生まれても、日本人と韓国人では2歳も年の差ができるんですよ!

留学生じんの出身地について/現在はどこに住んでいる?

 

じんの出身地は、もちろん韓国。

そもそも動画のテーマが「日本と韓国の交流」であるため、彼のチャンネルをご覧になっている方でご存知ないという方は一人もいないだろう。

しかし、現在日本に住み始めて10年経つといえどあまりにも日本語がペラペラであるため、初めてじんの動画を見た際は彼が韓国人であると気づかなかった方も多かったのではないだろうか・・・。

【韓国豆知識②】兵役について


出典:www.irasutoya.com

韓国人男性といえば「兵役」ですよね。

現在、かなり制度はゆるくなったそうですが殆どの韓国人男性は高校卒業から30歳になるまでの間に入隊をしなければいけないのだそうです。

じんさんは19歳で入隊、既に兵役を終えているとのこと。
日本ではあまり良いイメージのない兵役ですが彼いわく「自分の家族・自分自身、そして国を守ることができるので良い経験になったし、どこのへ行っても自慢ができる」と、誇りに思っているそうです。

どれぐらいの期間、どんな訓練をしたのかは以下の動画で詳しく紹介しています。

留学生じんの職業は学生?


出典:YouTube.com

人の職業についてだが、チャンネル名が「留学生じん」であるため、まだ学生であると勘違いしてしまいがちだが、先にもご紹介したとおり彼は現在日本企業で仕事をする立派な社会人である。

過去には翻訳や通訳といった2カ国語を話すことのできるスキルを活かした仕事をしていたが、現在はそれらとは全く異なる職に就いているのだそう。

学生時代は数学・建築の道に進むことを目指して勉強していたということを語っていたことから、現在はもしかしたら建築関係の会社に務めているのかもしれない。

留学生じんは何故日本に?留学の理由について

日本語を学んだきっかけ

じんが日本語を学んだのは高校2年生のとき。

第二外国語の授業を選択する際、ドイツ語と日本語の2択だったため彼は日本語を選択したという。

そして、もともと彼は先にも少し触れたが建築関係などの技術職に就くことを目標にしていたため「世界のトップ製造会社の多くが日本にあり、モノづくりに妥協なくこだわりをもった職人精神」という日本の文化が好きだったという理由もあり日本語を学ぼうと思ったのだそう。

加えて、日本語の先生がとてもキレイだったということも日本語を学ぶきっかけとなったのだとか(笑)

【韓国豆知識③】韓国の高校生が学ぶ「第二外国語」


出典:www.irasutoya.com

韓国では高校で「第二外国語」という授業を受けます。

第二外国語はドイツ語や中国語・ロシア語・スペイン語など様々な国の言葉を学べるようになっているのだそうですが、約9割の学生は日本語or中国語を選択、そのうちの約6割が日本語を勉強しているのだそうです。

現在、日韓関係はあまり良くないとは言われていますが、若者の間では日本のK-POPブームと同じく日本に興味を持ってくれている人が非常に多いようですね。

日本に住むようになった理由は?


出典:YouTube.com

現在、じんは日本に住み始めて10年。

その間、韓国には帰っていた時期はあるものの、10年間のうちの殆どを日本で過ごしているそう。

最初に彼が日本を訪れたのは大学時代のワーキングホリデー。
焼肉屋や韓国料理屋でアルバイトをしながら日本で生活をしていたそうなのだが、高校3年生の時点で日本語の勉強が非常に楽しかったそうで、帰国時も「また日本に行きたい」と強く思ったとのこと。

そして大学を卒業してまたすぐに来日、現在に至るという。

大学では日本で数年間仕事をしていたという通訳や翻訳、そして日本文学などについて勉強をしていたそうだ。

---------
投稿日:2018年11月7日