鹿の間の本名は穂乃香?/ダイエット動画が大人気?/中国メイク動画が流行っている?などについて大調査!

10代、20代の女性を中心に大人気のインフルエンサー、そしてYouTuberとしても活躍している鹿の間。常に再生回数が多い動画を作り続ける彼女の魅力とは何だろうか?今回は鹿の間の身長は?/本名は穂乃果?/ダイエット動画が大人気?なども含めて詳しくご紹介させていただきたい。

主にメイク動画、ダイエット動画などを中心に活動をしている鹿の間。最近では鹿の間がアップした、中国メイク動画が話題となり様々なメディアにも注目のYouTuberとして取り上げられている鹿の間。日々チャンネル登録者数を増やしており、次々と人気動画を作成し続ける鹿の間とはどんな人物なのだろうか?

鹿の間の本名は穂乃香?/ダイエット動画が大人気?/ウィッグ動画とは?

鹿の間の本名は穂乃香?

鹿の間の本名は穂乃果。2019年8月にアップした自己紹介動画で語っている。チャンネル名、鹿の間の由来は、苗字に「鹿」という名が入っているため。本名の穂乃果で活動しない理由は、同じ名前「ほのか」で活動しているYouTuberが既に何人かいたため、差別化するために本名ではなく、別の名前を使っている。

鹿の間のダイエット動画が大人気?

鹿の間のダイエット動画は彼女を人気YouTuberにさせた代表動画でもある。現在の再生回数は173万回となっており、大量のダイエット動画がある中でこのような再生回数を獲得するのは難しい。内容は彼女が人生で一番太っていた時からマイナス12キロのダイエットを成功させた道のりを細かく語っている。

鹿の間のウィッグ動画とは?

鹿の間は現在ボブヘアだが、昨年はロングヘアーだった。鹿の間は現在のボブヘアを気に入っており、ロングにする気は今の所全くないと宣言している。しかしSNSでは度々ロングヘア姿をアップしており、実はウィッグを使用していたのだが、20198月に本人が自然に見えるウィッグの動画を公開し、ファンからは参考になったなどの高評価コメントが多数書き込まれている。

鹿の間の身長は?/アンチがいる?/整形なの?

鹿の間の身長は?

鹿の間の身長は163㎝。20198月の動画では体重は50キロと公表しており、現在ダイエット中とのこと。20199月のInstagramには現在停滞期と投稿していたので、まだダイエットは進行中ではないだろうか。常に美を意識して生活している彼女の努力もファンから支持される理由の1つになるのではないか。

鹿の間にはアンチがいる?

鹿の間には驚くほどアンチがいない。彼女の動画は、実際に使用している商品の紹介など、動画を広告にしたような内容が全面的に出ていないのも理由ではないだろうか。YouTubeのコメントも酷評などはなく、むしろ参考になった!や真似したい!などのコメントが多数だ。

鹿の間は整形なの?

鹿の間は201910月に【私が垢抜けた5つの方法】整形や過去の黒歴史写真大公開の動画をアップしている。タイトルに整形が入っているので整形公表かと思われたが、ほくろ除去(5つ)を過去にしており、このことを整形として話をしている。

鹿の間の愛用しているカラコンは?/スキンケアは?/中国メイク動画が流行っている?

鹿の間の愛用しているカラコンは?

鹿の間はカンナロゼのカラコンも愛用している。SNSでも橋下環奈になれると大人気のブランドのカラコンだ。色は3色あり、全色のレビュー動画がある。鹿の間の一番のお気に入りの色はオリーブ色、理由はナチュラルに見えるからだ。他ブランドのカラコンも鹿の間は愛用しているが、Twitterでは「私史上最強」と投稿しているので、かなり気に入っているカラコンになるのではないだろうか。

鹿の間のスキンケアは?

鹿の間はスキンケア動画も作成している。動画内では愛用している化粧水(エチュードハウス)、保湿(サンホワイト)を紹介している。乾燥敏感肌の鹿の間は,エチュードハウスの化粧水を使ってから手放せなくなったそうで、コスメ口コミアプリ「Lips」でも同商品の口コミを投稿している。その記事はこちら!

鹿の間の中国メイク動画が流行っている?

鹿の間は絶対流行ると公言している中国風メイク動画をアップしている。宣言通り、第一弾動画はとても人気で再生回数は48万を記録し、現在も更新中だ。(20191011日現在)初回がとても好評だったため、その後もコンスタントに中国メイク動画を多数アップしている。

まとめ

今回はメイク動画を中心に、ダイエット動画などをアップしている鹿の間を詳しく紹介してきた。驚くほどにアンチがいない鹿の間、普段からトレンドに関して貪欲に勉強しており、自分が良いものと思った動画しか作成していないので、ファンにもその思いが届きアンチが少ないYouTuberとして現在活躍しているのではないだろうか。今後も彼女が発信する新たなトレンド動画が上位にランクインされる日が続くだろう。

---------
投稿日:2019年10月17日