• NEWS
  • 2022.02.12

てんちむ銀座ホステスを卒業!!ななえママ「次会う時はお友達ね」

この記事の動画:
てんちむ銀座ホステスを卒業!!ななえママ「次会う時はお友達ね」

をみる コメントを投稿

2022年2月11日(金)てんちむが「Club Nanaeを引退しました」という動画を公開し、ファンの間で話題になっている。

ClubNanaeでの思い出を振り返る

 

(出典:てんちむCH/tenchim

動画内でてんちむは、Club Nanae入店時の頃からの出来事を振り返った。当時、借金を抱えて破産寸前になり、YouTuber・バーレスク東京・銀座ホステスというトリプルワークをやる事を2020年11月9日に決意した。

 

(出典:てんちむCH/tenchim

2020年11月16日に、てんちむは愛天華としてClub Nanaeに初出勤した

(出典:てんちむCH/tenchim

入店時には、多くのYouTuberや有名人から店に豪華なお祝いの花が贈られて、多くの人たちが来店してくれた。また、てんちむが銀座で頑張っていることを知った人たちが大勢来店してくれて、最後まで温かく支え続けてくれた。

(出典:てんちむCH/tenchim

そのお客様の中には、地元の親友やしんちゃんの姿もあった。愛天華として、てんちむは1年2か月の間、走り続けて来たのだった。

​​

(出典:てんちむCH/tenchim

誕生日には、YouTuberのヒカルからサプライズでバースデーケーキを贈られて感動するシーンもあった。

(出典:てんちむCH/tenchim

遂に、2022年1月28日(金)Club Nanae最後の日を迎えた。てんちむは、差し入れを買いに行く車の中で、「やり残したことがある。色恋かけたかった。」と語った。そして、「来世は、”てんちむ”という自分の名前関係なしに、1人のクラブ嬢として銀座の女を経験してみたい。」と、付け加えた。

(出典:てんちむCH/tenchim

ヘアメイクのBINEとCluc Nanaeの皆にお礼の品を渡して挨拶をしたてんちむ。その後で、営業前のClub Nanae店内を紹介しながら、入店当時を懐かしんだ。最後の仕事が終わった後、しんちゃんに「気を張っていたせいか、余り酔ってない。」と笑顔を見せた。

愛天華の引退式・Club Nanae最後の夜

(出典:てんちむCH/tenchim

営業終了後の店内で、サプライズで用意されたシャンパンタワーに喜ぶてんちむ。ななえママ・黒服平出さん・しんちゃんの3人がタワーにシャンパンを注いだ。

4人だけの引退式となり、皆でシャンパンを飲みながら、てんちむが”愛天華”として過ごした日々の思い出を語り合った。てんちむがお礼の品を渡すと、ななえママから超豪華な花束を、平出さんからは”自宅でサウナ”という自宅で手軽にサウナを楽しめるアイテムをプレゼントされ、てんちむの表情は喜びに溢れていた。

(出典:てんちむCH/tenchim

ななえママと黒服の平出さんは、てんちむ入店当時、「伝説を残したい。」と語り合っていたのだとか。ななえママは、顔をほころばせて「てんちむちゃんが銀座に新しい風を起こしてくれた。」と語った。そして、てんちむは、本当に銀座に伝説を残した。

(出典:てんちむCH/tenchim

引退式が終盤にさしかかった頃、てんちむが平出さんに最後のお願いをした。てんちむ曰く、平出さんはてんちむの入店時に「甜歌さんの最後のお客さんになりたい。」と言ったのだとか。だから、この後てんちむは平出さんと2人でアフターで焼肉屋さんに行く事に。焼肉屋さんでは、1年2か月苦楽を共にして来た黒服(現在は総支配人)平出さんと、互いの苦労話や楽しい思い出話で盛り上がった。

Club Nanaeをてんちむが立ち去る時、ななえママは「次に会う時は、ママと女の子じゃなくて、お友達ね。」と優しくてんちむを送り出した。

視聴者は、これに対し「Nanaeママも平出さんも、世間から色々言われる中で、ひとりの人間としててんちむを大事にしてくれたんだなぁ、、、感動したよ」「てんちむ(愛天華)ちゃん、本当にお疲れ様でした!一緒に働けた日々は宝物になりました。これからは友人として仲良くしてください。心よりありがとうございました」と、コメントしていて、愛天華としての引退を惜しみながらも、今後のてんちむの活躍を楽しみにしているようだ。

今後もてんちむからのニュースは見逃せないだろう。

↓もっとてんちむの記事を見たい方はこちら↓

 

てんちむがセクシーなクラブ出勤ドレスを紹介!お世話になった皆にプレゼント!

 

 

 

 

 

AUTHOR

可愛いくて面白い女性YouTuberさんと、コレコレさんが好きです。ヘヴィーメタルを聴きながら、コーヒーを飲むのが至福の時。

TAG