「水曜どうでしょう」のディレクター・藤やんとうれしーがまさかのYouTuberデビュー!型破りな活躍に期待

チャンネル開設1週間で登録者数15万人を突破した「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」。藤やんとうれしーは、北海道のスター・大泉洋を世に送り出した北海道ローカル番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクター。なんと、驚くことに現役のテレビ局社員がYouTuberデビューしてしまったのだ。

「水曜どうでしょう」のディレクター・藤やんとうれしーがYouTuberデビュー

藤やんとうれしーのYouTuberデビューに水どうファン大歓喜!

「会社には一切内緒ではじめてて…」と語るのは、藤やん」こと藤村忠寿ディレクター北海道テレビ放送(HTB)の現役社員だ。
そして、その隣にいるのが同じくHTB社員の「うれしー」こと嬉野雅道ディレクター
この2人は、北海道の伝説的番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクター陣である。
ネット動画の影響でテレビ離れが進んでいると言われる中で、あえてYouTuberデビューをしたのはどういう理由なのか。
2019年2月18日におこなわれた2時間弱にわたる生配信では、YouTuberをはじめたきっかけや今後の予定など、雑談を交えながら語っている。
さらに、水曜どうでしょうの新作についての質問に触れたり最終回「原付ベトナム縦断1800キロ」の放送日が延長してしまった事件について語ったりなど、水曜どうでしょうファンにとって興味深い話も飛び出し、あっと言う間の生配信だった。

水曜どうでしょうのファンである“藩士”たちは、突然のYouTuberデビューに驚くとともに大喜びの内容だ。

ゲーム実況者のトラゾーが藤やんとうれしーをプロデュース

藤やんとうれしーと一緒に動画に登場しているのは、「水曜どうでそうTV」をプロデュースするYouTuberのトラゾー
トラゾーマインクラフト実況で人気を集めたゲーム実況者で、トラゾーのチャンネル「トラゾースタジオ」では、藤やんとうれしーとコラボしてマイクラ実況をする「マイクラなんていかがでしょう?」のコーナーが始まっている

トラゾーは水曜どうでしょうのDVDを全巻揃えるほどの大ファンだそうで、藤やん・うれしーとファンが交流するFacebookグループ「藤やんとうれしー」に参加している縁で、2人をYouTubeに誘ったようである
今後も、ちょくちょくチャンネルに登場しながら2人にYouTubeについてレクチャーしていくようだ。

伝説の番組「水曜どうでしょう」とは

北海道ローカルから全国区へ。大泉洋を輩出した「水曜どうでしょう」

「水曜どうでしょう」という番組を知らない方に向けて簡単に説明すると、この番組は1996年に放送開始した北海道ローカル番組。出演者は、ドラマやバラエティで大活躍、当時は現役大学生であった大泉洋と、北海道出身のタレントであり、大泉洋が所属する芸能事務所の取締役会長でもある鈴井貴之の2人。

低予算ながらもローカルの枠を超えた体当たりな企画、普通ならカットするであろう出演者が企画に対して愚痴る様子をそのまま流す裏方のはずのディレクターが番組に介入するなど、リアルな人間関係が伝わる演出が魅力的で、当時のテレビ番組の固定観念をくつがえすようなスタイルが話題を呼んだ番組だ。

北海道のローカル番組としてスタートしたが、その面白さが口コミやインターネットで広がり、全国でも続々と放送された。さらに、DVDやグッズの売り上げ、番組関連イベントの規模など、ローカルとは思えないほどの影響力がある番組である。

YouTuberにも多大な影響を与えた?水溜りボンドも参考に

「絶対YouTuberに与えた影響は大きい」
と、藤やんが語るように、黒背景にテロップを出す演出や、ジャンプカットでつなぐ編集は、水曜どうでしょうがさきがけではないかとうれしーも分析している。

実際に、YouTuberという言葉がまだうまれる前から、YouTubeやニコニコ動画には、水曜どうでしょうの編集を真似した「○○どうでしょう」のようなタイトルがつけられたオリジナルの旅動画が数多くアップされていた
それほど、水曜どうでしょうのフォーマットは真似するだけで旅を面白くしてしまう魅力があるのだろう。

水溜りボンドの2018年12月7日、8日に投稿した旅行動画も水曜どうでしょうを意識した編集になっている

(https://www.youtube.com/watch?v=WxGg0CHgd3Q)


(https://www.youtube.com/watch?v=NeM86_RBRd0)

水溜りボンドQuickJapanの表紙を飾る‼︎視聴者からは賞賛の声

「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」はどんな動画を投稿するのか

おじさんがお酒を飲みながら雑談する企画

今後、水曜どうでそうTVでやってみたい動画をいくつか話しているが、既に投稿されているのが、お酒を飲む企画「ヒゲが酒飲むだけの動画じゃダメなのかよ!!藤村Dの酒レビュー 」
お酒を詳しくレビューするというよりは、おじさんがただ美味しくお酒を飲むだけの企画だという。

藤やんとうれしーがYouTuberをはじめた理由の一つは「若い人はおじさん達の話を聞いた方がいい」ということだそうで、人生経験豊富なおじさんトークを動画を通して発信。
藤やんとうれしーのように、YouTubeを見ている若者には将来、嬉しい顔でお酒を飲んでほしいのだそうだ。

ちなみに、2人に飲んでほしいお酒がある方は、下記の住所に送れば動画内で飲んでくれるようなので、ファンはチェックしてみてほしい。

〒101-0021 東京都千代田区外神田3-16-12 アキバCOビル2F ガジェット通信 藤やんうれしーどうでそうTV お酒欲しい係
引用:https://www.youtube.com/watch?v=U8iFZ1t5aFMの概要欄

出版本の釈明動画など、テレビではできない動画を配信していく

また、2人の著書である「仕事論」についての釈明動画を出していくというから驚きだ。
この本には『「頑張ればできる」という励ましが私にはインチキに思えるのです』「企画書は出さない。会議には出ない」というような、ビジネス本としては誤解を受けそうな過激な文言が多々あるようで、YouTubeをこの本の意図を説明する場として利用していく

そのほか、藤やんがいつかやってみたいというのが絶叫マシーンの検証動画
どんな絶叫マシーンでも乗りこなせる自信があるという藤やんは、絶叫マシンが苦手な人を集め、「こうすれば乗れる」という思想を植え付けたらどうなるか、という検証動画を撮りたいという。

テレビ界の常識をくつがえしてきた藤やんとうれしー。
今後YouTubeを舞台にどんな型破りなことをしてくれるのか注目していきたい

ついにわくわくさんがYoutubeデビュー!ファンから歓喜の声

okuma
okuma 家事の合間に、育児の息抜きに、暇があればいつでもYouTubeを見ている主婦ライターです。ジャンルは広く浅く雑食に。
0 ---------
投稿日:2019年2月28日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz