ひとほわ ほりえりく「一重の人嫌い」発言で炎上!?SNSを休止!ファンの擁護から真相が明らかに…

『さんこいち』『1つ足りないホワイトボード』の両グループのメンバーとして活動しているほりえりくが、ひとほわの動画内で「一重の人が嫌い」と発言し炎上。SNSを休止する事態となり、視聴者の間で話題に。

今回はそんなほりえりくの炎上についての詳細やファンの反応だけでなく、ファンの擁護から明らかになった今回の炎上の真相についてもまとめていこう。

ひとほわ ほりえりく「一重の人嫌い」発言で炎上!

ひとほわ ほりえりくが炎上!その理由は「一重の人嫌い」発言!?

引用:https://youtu.be/vEpFBKuNjnQ

今回炎上したのは、『さんこいち』と『1つ足りないホワイトボード(以下ひとほわ)』のメンバーとして活動しているほりえりく。

彼が今回炎上したきっかけは、ひとほわで公開された「嫌いな女の子について正直に語り合いました」という動画(※現在動画は削除されています)内での発言が原因。

ほりえりくが性格や仕草についてなどでなく「目が一重の人が嫌い」と言った旨の発言をしてしまったのだ。

少なからずほりえりくのファンの女の子で一重の方や、一重をコンプレックスに思っていた方が居れば傷ついてしまったのではないだろうか。

►ほりえりく炎上について取り上げたよりひとの動画はコチラ:【Hinataがヤバい】みらんがよりひとに物申す

ほりえりくの「一重の人嫌い」発言に対する視聴者の反応は?

引用:https://youtu.be/vEpFBKuNjnQ

今回ほりえりくの「一重の人嫌い」発言に対し、コメント欄では「一重嫌いはちょっとなーーこっちだって一重がよくて一重でいるわけじゃない、、」「生まれ持ってる個性を否定する人無理」といった意見が寄せられていたそう。

ちなみに動画内では、M君だけが「この人の一重は好きじゃないけどこの人の一重は好きな顔がある」という発言でフォローをしていた模様。

ほりえりく SNSを休止!?ファンが擁護し真相が明らかに…

ほりえりくが炎上によりSNSでの発言を休止!?

今回の動画での発言による炎上が理由で、ほりえりくはツイッターにて謝罪文と共に、SNSの休止を報告した。

今回のことから自分を見直すためにもSNSでの発信は一旦控えたいと思います。ただYouTubeや企業様とのお仕事は溜め撮りやメンバーやスタッフに迷惑をかけたくは無いのでいつも通り更新されると思いますがそちらはご了承頂けると幸いです。

引用:ほりえりくのツイート画像内の文章より一部抜粋

一旦控える、という表記になっているため期間は分からないが、少なくともこの炎上の熱が冷めるまでは確実にSNSでの発信は休止するのではないだろうか。

意外な真相…実は「一重の人が嫌い」という発言はしていなかった!?

今回ほりえりくは「ほりえりくが一重の人が嫌いという発言をした」という理由で炎上しており、元の動画を見ていない方も動画の一部発言・スクショ切り取りを見て「その発言は…」という流れで批判を寄せていたようだった。

しかしほりえりくの謝罪ツイートのリプ欄を見てみると、かなりの擁護コメントが寄せられており、「一重が嫌いなんて一言も言ってないのに」と悲しむファンまで浮上している。

つまり、動画内での発言は「二重の子が好き」という発言はしたものの、「一重が嫌い」「二重以外無理」などとははっきり発言してはおらず、ほりえりくの「二重の子が好き」発言を「じゃあ一重は嫌いなのか」と視聴者の一部が解釈し炎上…というのが正しい流れだという。

とはいえ動画内のテロップに「嫌いな人の特徴:目が一重の人」と記載はされていたのは確か。そして元動画は既に削除されているため、スクショ含めその情報が正しいと思ってしまうのも仕方なく、どちらの意見が本当なのか断言が出来ない状態なのだ。

今回の炎上に対しファンからはほりえりくを擁護する声多数

先ほど述べたように、「一重の人が嫌い」という発言はしていないが、さもはっきりと言ったかのように取り上げられ炎上してしまったほりえりく。

そんな彼に対し、一重の女性ファンはもちろん、そうでないファンからも擁護の声が寄せられている。

ファンはしっかりと、今回の発言について述べて擁護しつつも、「発言の責任を取る」というところに関しては今後にもつながるため「次から気を付けようね」といったスタンスでほりえりくを励ましている。

kbys
kbys YouTube歴7年、好きなYouTuberは水溜りボンドです。他にもアナタシアの踊ってみたや、キヨ・タイショーのゲーム実況、他歌ってみたなど、色んなジャンルの動画が好きな二児の母です。
0 ---------
投稿日:2019年7月3日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz