ヒカキンの推定年収が「10億超え」!?内訳やこれまでの苦労についても

動画内で多くの高額商品やブランド品を購入している、トップYouTuberヒカキン。

日本で活動するYouTuberの中でもかなりの億万長者だと噂されていることもあり、いったい彼はいくら稼いでいるのか、気になった方も多いのではないだろうか。

今回は「年収10億超え」と噂されるほどのヒカキンの推定年収・内訳はもちろん、ヒカキンが億万長者になるまでの苦労話などもまとめてみた。

ヒカキンの推定年収が「10億超え」って本当!?

ヒカキンの推定年収が10億超えって本当!?

引用:まとめてんだーZ

トップYouTuberであるヒカキンが、一体いくら稼いでいるのか調査したところ、なんと2018年の推定年収が10億円を超えていると言われていることが分かった。

以前LogTubeが(2018年夏頃に)公開した記事(ヒカキンの年収が10億超え!?明石家さんま・坂上忍も驚愕の総資産とは??)では、

  • ・ダウンタウンでヒカキンが告白した収入額に坂上忍が驚愕していた
  • ヒカキンが「さんまさんの3分の1ぐらい」と回答⇒明石家さんまの年収予想は5~10億であり、その3分の1であれば1~3億円ほどになる。
  • ・10億を超えているという噂はあるがそこまでの額には達していないと思われる
  • ヒカキンの予想年収は、メインチャンネルとゲームチャンネルを合わせて約1億9千万円ほど。更にテレビ出演や経営での収入を合わせると3億ほどではないか。
  • ・ヒカキンの資産は総額4億円以上と予想されている

と「2018年までの年収」についての話から予想し、10億には達していないのでは…という結論になっていた。

しかしその後、2018年は今まで以上に稼いでいたようで、今年に入ってから2018年の推定年収を調査したところ「推定年収10億超え」であることが判明したのだ。

ヒカキンの「推定年収10億超え」の内訳や詳細は?

ヒカキンの推定年収が10億超え!?その内訳は…

引用:https://youtu.be/5r1_QY-_OfA

2018年のヒカキンの推定年収が10億超えと言われているが、どうやってそんなに稼いでいるのか、その内訳を紹介していこう。

・YouTubeの広告収入が約7億9200万円

・タイアップ動画などでの収入が約6億円

・UUUM事務所の役員報酬が年間約1000万円

そして本の出版やテレビ出演、CM出演などの収入も含めると…2018年のヒカキンの推定年収はなんと10億を超え「11億7000万円」と言われているのだ。

もちろん事務所の手数料を20%と仮定して引いての額となっている。

「10億超え」の推定年収を稼ぐヒカキンの仕事内容を紹介

引用:https://twitter.com/hikakin/status/514015117374025729?s=20

ヒカキンの仕事は先ほどの内訳にもあった通り

  • ・YouTubeチャンネルの運営、動画投稿(メインのHikakin TV以外に「HIKAKIN」「HikakinGames」「HikakinBlog」も)
  • ・企業とのタイアップ動画への出演
  • ・自身も所属している事務所UUUMの最高顧問
  • ・テレビやCMなどへの出演、本の出版

などの業務をこなしており、そこから収入を得ているのだ。

2018年は前年度から波が来ていた「知名度の上昇」が収入アップにつながり、推定年収が10億円を超えるほどになったようだ。

2019年の年収は一体どうなってしまうのか、気になるところである。

ヒカキンのメイン収入である「YouTubeの広告収入」とは?

引用:GIGAZINE

ヒカキンの推定年収の内訳の中でメインとなっている「Youtubeの広告収入」とは「YouTuberが投稿する動画の再生回数×1再生当たりの報酬金額で決まる広告料」のこと。

広告の内容や再生頻度、YouTuberとしてのランクの高さによって金額は変わるようだが、1再生あたりの平均金額は0.1円だと予想されている。

ヒカキンの1再生当たりの単価は多く見積もっても0.3円ほどではないか、と言われており、現在運営している4つのチャンネルの1ヶ月の再生回数(約2億2000万回)にかけると月の広告収入はおよそ6600万円。

そうすると1年で7億9200万円もの収入を得ていることになるのだ。

kbys
kbys YouTube歴7年、好きなYouTuberは水溜りボンドです。他にもアナタシアの踊ってみたや、キヨ・タイショーのゲーム実況、他歌ってみたなど、色んなジャンルの動画が好きな二児の母です。
0 ---------
投稿日:2019年9月18日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz