• NEWS
  • 2020.04.03

大川優介 TranSeが動画クリエイターに向けた新サービス「OneSe」をリリース

大川優介が取締役を務める株式会社TranSeが、動画クリエイターのための動画制作に特化した学習プラットフォーム『OneSe』を2020年4月2日にリリースした。動画制作を始めたいという人には必見のサービスだ。

TranSeが新サービス「OneSe」をリリース

「OneSe」とは

OneSeとは、動画制作会社の株式会社TranSeが運営する、動画クリエーターのためのオンラインサロンだ。動画の需要が高まっていく昨今、動画制作を始める人も増えてきている。目的や課題に合った5つのプログラムを軸に、効率よくスキルアップできるサービスを提供するとのことだ。

「OneSe」をリリースした経緯

株式会社TranSeは企業のPR動画を提供し、動画制作のオンラインサロンなどを積極的に行ってきたと言う。しかし、様々な人とコミュニケーションをとるなかで動画を始めるハードルの高さや、始めてみたものの壁に当たったしまう人を多く見てきたそうだ。そんな企業や人のために、動画制作のノウハウを伝えられないかと思い、今回のサービスをリリースすることにしたという。

4つのサービスを展開

今後は、「OneSe Teaching」「OneSe Personal」「OneSe Clinic」「OneSe Chat」の4つのサービスを提供していくことが公開された。動画制作を目指す人のそれぞれのライフスタイルや課題、目標に合わせて選択ができる内容となっている。

4つのサービスの詳細

サービス①【OneSe Teaching】

【OneSe Teaching】は、オンライン上で最速で動画制作について学べるオンライン教材となっている。かっこいい映像と音楽を掛け合わせたインスピレーションが生まれる動画を作りたい!など、目標としているイメージの作品が作れるように、撮影から編集過程のすべてを公開するという。

サービス②【OneSe Personal】

【OneSe Personal】は、動画制作のパーソナルトレーナーのようなイメージのサービスだ。動画制作についてマンツーマンで指導を受けることができる。オンラインとオフラインがあり、オンラインでは地方の人も活用できるサービスとなっており、オフラインは東京限定で直接撮影から編集まで、手取り足取り指導を受けることができる。

サービス③・④【OneSe Clinic】【OneSe Chat】

【OneSe Clinic】は、所謂動画の赤ペン先生のようなものだという。制作した動画を添削してもらえるサービスだ。現在動画制作について良質なインプットはできる環境があるが、アウトプットをできる環境がないということで設けられた。

【OneSe Chat】は、わからないことがあった場合、24時間相談にのってもらえるサービスとなっている。

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz

AUTHOR

YouTube歴:3年 好きなYouTuber:パラスティカ 趣味:映画鑑賞、ペーパーシアター