• NEWS
  • 2020.06.04

フェンシング銀メダリストがYouTubeチャンネルを開設『三宅諒の履歴書』

この記事の動画:
三宅 諒の履歴書
フェンシング銀メダリストがYouTubeチャンネルを開設『三宅諒の履歴書』

三宅 諒の履歴書をみる コメントを投稿

2020年5月29日、株式会社コモンズ2と、ALPHABOAT合同会社が、ロンドン五輪フェンシング銀メダリスト・三宅諒の公式YouTubeチャンネル「三宅諒の履歴書」をスタートした。

フェンシング銀メダリスト・三宅諒がYouTubeチャンネル開設!

ロンドン五輪フェンシング銀メダリスト「三宅諒」がYouTubeチャンネルをスタート!

出典 PR TIMES

株式会社コモンズ2(所在地:東京都中央区銀座、代表取締役社長:深見 和政、以下「コモンズ2」)と、ALPHABOAT合同会社(所在地:東京都渋谷区、社長:西谷 大蔵、以下「ALPHABOAT」)が、ロンドン五輪フェンシング銀メダリストである三宅諒の公式YouTubeチャンネル「三宅諒の履歴書」をスタートした。

►三宅諒の公式YouTubeチャンネル:三宅諒の履歴書

フェンシング 銀メダリスト「三宅 諒」(Ryo Miyake)

出典 PR TIMES

ロンドン五輪男子フルーレ団体銀メダリスト「三宅 諒(みやけ りょう)」。

幼少の頃よりフェンシングを始め、小学校6年生で全国大会優勝。2007年には、慶應義塾高等学校在学中に、世界ジュニア・カデ選手(U-17)で優勝し、日本人初の世界選手権覇者となった。

2009年より慶応大学に進学し、2010年にはナショナルチームの一員として世界を転戦しており、同年に世界選手権フルーレ団体で銅メダルを獲得。

2012年には、団体で銀メダルを獲得し、その後、2013年には全日本選手権・アジア選手権にて個人銀メダル、2014年にはアジア大会の団体戦において金メダルを獲得した。

三宅諒公式チャンネル「三宅諒の履歴書」開設の背景や今後の方針

1人のアスリートとして”何ができるのか”を考え行動を始めた三宅選手

新型コロナウィルスの影響で『東京オリンピック2020』は開催が延期となり、同時に練習・試合も物理的に出来なくなってしまった。そういった状況下の中で、1人のアスリートとして”何が出来るのか”を考え、行動を始めた」と語る三宅選手。

フェンシングが大好きで、遠征にも行きたい、『東京オリンピック2020』にも出場したい。

それらの想いが本物であるということを、様々な活動を通じ多くの人に知ってもらい、そして一緒に戦ってもらいたいのだという。

”履歴書”のようなチャンネルで三宅諒の様々な一面を描く

今回設立した公式YouTubeチャンネルは、「自分自身の”履歴書”のようなチャンネルにしたい。」という由来から「三宅諒の履歴書」というチャンネル名に。

このチャンネルでは、三宅選手のその想いやアスリートの現状はもちろん、選手生活を通じて感じたことや伝えたいこと、そして何気ない日常の中で興味を持ったことや新しい発見など、彼自身のありのままの姿を表現していく。

今後は、アスリート・三宅 諒として、フェンシングへの想いや魅力だけでなく、楽しみ方・上達のコツ・食生活やトレーニング方法など、自身の活動を中心に紹介。

それに加え、趣味である動画鑑賞や紅茶・おすすめの本紹介など、まだ世に知られていない「三宅 諒」の一面を描くコンテンツをお届けしていく。

►三宅諒の公式YouTubeチャンネル:三宅諒の履歴書

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz

AUTHOR

YouTube歴7年、好きなYouTuberは水溜りボンドです。他にもアナタシアの踊ってみたや、キヨ・タイショーのゲーム実況、他歌ってみたなど、色んなジャンルの動画が好きな二児の母です。