• NEWS
  • 2020.06.04

水溜りボンド トミーが勝手に「YouTube第7世代」を決定

この記事の動画:
水溜りボンド
水溜りボンド トミーが勝手に「YouTube第7世代」を決定

水溜りボンドをみる コメントを投稿

2020年6月3日、二人組YouTuberの水溜りボンドが「【YouTube第7世代は?】全YouTuberを世代分けしたらどうなるのかトミー(YouTubeのドン)に聞いてみたww」という動画を投稿した。トミーが独断でYouTuberを世代別に分類する様子が話題になっている。

 

水溜りボンド トミー独断 YouTubeは今何世代目なの?

(出典:水溜りボンド

カンタの無茶ぶりにより、流行語の「お笑い第7世代」にちなんで、トミーがYouTuberを世代別に分類した。第1世代にはヒカキンを始めとする古参YouTuberがリストアップされ、第6世代にはエミリンや朝倉未来、第7世代にはパパラピーズや土佐兄弟などが名を連ねている。

水溜りボンド 水溜りボンドは第4世代

(出典:水溜りボンド

気になる水溜りボンド自身は、第4世代に分類したトミーに対し、視聴者からは

「北打ちってどの辺かな?」

「モリタジュンタロウとPDRさんも第一世代かな」

「水溜りは第3だと思ってた」

と好きなYouTuberが第何世代にあたるか考察するコメントが寄せられている。

 

水溜りボンドの次回の動画にも期待だ。

↓もっとYouTuberの記事をみたい方はこちら↓

水ボン トミーがセンター試験満点の勉強法を披露「教えてトミ勉先生」

(アイキャッチ画像引用元:トミー(水溜りボンド) Twitter

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz