• NEWS
  • 2020.08.26

マリリン 2度目の手術を報告「瞼の病気」

美容系YouTuberのマリリンが、二度目のまぶたの手術を受けたことを報告した。マリリンは幼少期から眼瞼下垂というまぶたの病気に悩まされていたようで、二年前にも手術をしていた。今回再発してしまったとのことで、再手術することとなったようだ。

マリリン 瞼の手術を受けたことを報告 理由や2年前についても

マリリン 瞼の手術を受けたことを報告

美容系YouTuberのマリリンが、二度目のまぶたの手術を受けたことを報告した。幼少期から眼瞼下垂というまぶたの病気に悩まされており、まぶたが開きにくかったり開くのが困難になったりしていたようだ。

マリリン 瞼の手術を受けた理由は

マリリンは今まで、自分がまぶたの病気であることに気付かなかったようだ。しかし動画を見ていた視聴者の人から、「まぶたをおでこの筋肉で上げているような気がするので、眼瞼下垂ではないですか?」というコメントが届いたという。

実際に病院で診察してもらったところ、重度の眼瞼下垂だったことが判明、2年前に手術に踏み切った。

マリリン 2年前にも眼瞼下垂の手術を受けていた

 

この投稿をInstagramで見る

 

久しぶりのメイク💕

MARILYN YUURI FUKUSE(@yuuri_fukuse)がシェアした投稿 –

マリリンは、今回受けた手術と同じ手術を二年前にうけていた。手術してから1年は何事もなく過ごせたが、半年前からまたまぶたが開きにくくなったという。

たまに三重になることもあり異変を感じ、視聴者からも再発しているのでは?とのコメントから再び病院へ。再発していたため、お盆の時期に思い切って手術をすることになった。

マリリンについてもっと知りたい方はコチラ↓

マリリン fukuse yuuri

マリリンが受けた眼瞼下垂とは 症状や手術方法について

マリリンが受けた眼瞼下垂とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

【ご報告】 再手術いたしました! YouTubeに詳しく載せました!

MARILYN YUURI FUKUSE(@yuuri_fukuse)がシェアした投稿 –

眼瞼下垂とは、まぶたの筋肉が上手く発達しなかったために、まぶたが上手く開けないという病気だ。

上まぶたが垂れ下がった状態で、先天性と後天性がある。 先天性はまぶたを引っ張り上げる筋肉が生まれつき異常がある場合が多いという。マリリンは先天性のタイプだといえる。

マリリンが受けた眼瞼下垂の症状とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

いってきます💕

MARILYN YUURI FUKUSE(@yuuri_fukuse)がシェアした投稿 –

眼瞼下垂の症状として、まぶたが開きにくいことや、頭痛・肩こりなどの症状も見られる。これは、まぶたの代わりに顎を上げて視界を得ようという動きが起こるために起こる症状だという。

また、睡眠障害が起こる場合もあり、なかなか寝付けないという人も多い病気である。

マリリンが受けた眼瞼下垂の手術方法について

 

この投稿をInstagramで見る

 

おはようございます🥺🤝💕 今日も一日楽しもう〜😊

MARILYN YUURI FUKUSE(@yuuri_fukuse)がシェアした投稿 –

マリリンが受けた眼瞼下垂の手術方法は、まぶたを全切開するという方法だ。筋肉とまぶたを縫い付けてまぶたを開きやすくするというものだ。

眼科でも手術ができるが、美容整形外科のほうが綺麗に仕上がるとのことで、美容整形外科で手術を受けた。

マリリンについてもっと知りたい方はコチラ↓

マリリンが5年所属したUUUMを離籍「これからは自分たちでやっていく」

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz

AUTHOR

YouTube歴:3年 好きなYouTuber:パラスティカ 趣味:映画鑑賞、ペーパーシアター