• NEWS
  • 2020.09.28

相馬トランジスタ 20年間会っていない父親が見つかる

相馬トランジスタが20年間あっていない育ての父親を探す動画を公開した。動画には、探偵に依頼し、幼少期に離れ離れになった父親を探偵に見つけてもらい、その現在の姿を写真、映像で確認する様子が映されている。それを通して、相馬が父親のことをどう思ったのかを解説していく。

相馬トランジスタ 20年間会っていない父親が見つかる 写真や映像に表札も判明

相馬トランジスタ 20年間会っていない父親が見つかる

9月26日に公開した「20年会っていない父親をガチの探偵に探してもらったら、知りたくない真実を知ってしまいました。」という動画で、20年会っていない相馬トランジスタの育ての親が見つかった。
今回、調査依頼したのは育ての父親の方だ。
調査の結果、父親は見つかり、現在の写真、映像、さらに家の表札を相馬は確認した。

相馬トランジスタ 20年間会っていない父親の写真や映像も

調査の結果、父親が見つかっただけではなく、その姿を写した写真や映像も入手していた。
動画内ではモザイクがかかって見ることができないが、相馬は「多分ですけど、この人ですね」と写真を見て、その人物が自分の父親であることを口にした。

 

相馬トランジスタ 20年間会っていない父親の家の表札に「相馬」の文字

さらに父親の家の表札の写真を見せられ、そこに書かれていたのは「相馬」という名字だった。
それを見て、「もう確定じゃないですか」とこぼした。

 

相馬トランジスタ 父親の現状や相馬の判断は

相馬トランジスタ 父親の現状は 仕事や結婚についても

父親は現在、結婚はしておらず、妻子ともにいない。
平日昼間の様子を動画で見せられ、探偵の方からは家にいたままで仕事をしている様子は見られないと言った。しかし、現在のコロナの現状があるため、リモートワークの可能性もあると追加した。

 

相馬トランジスタ「会いたくない」

相馬は、現在の父親の姿を見て、前よりは柔和さがなくなり、目つきが鋭くなったと述べた。さらに「切羽詰まっている人の顔」と称し、父親の現状をなんとなく把握したようだ。
そして、写真、映像を全て見た相馬は、歯切れが悪そうに「会いたくない」と口にした。
しかし、その後、仕事をしているかどうかの調査を追加で探偵に依頼し、それが分かってから会うか会わないかの最終的な決断をするようだ。

 

相馬トランジスタ 母親からも止められていた

実は、相馬は母親からも会うことを止められていたと話した。
当初は、母親が父親のことを嫌っていたからだと思っていたが、現在の父親の姿を見た後では、自分のことと父親のことを心配して会うことを止めていたのだと理解したようだ。

 

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz

AUTHOR

YouTube歴5年、好きなYouTuberは水溜りボンドさんとかっつーさん。趣味は読書、映画鑑賞。YouTuberだけではなく、ゲーム実況なんかもよく見ます。