• NEWS
  • 2023.01.23

赤ちゃんや子供が泣き止む歌(POISON)・動画・YouTubeチャンネル18選【ママパパ向け】

赤ちゃんや子供が泣き止む音楽7選

個人差がありますが、子供の好みにハマれば不思議と泣き止む曲が多数あります。しかし、なぜ泣き止むのかはっきりとした理由はわかっていません。音楽がなっていることで注意が惹かれる、また泣き止むきっかけやタイミングになっていると言われています。泣き止む曲のなかでも、有名な曲はこちら。

1.タケモトピアノのCMソング

財津一夫さんが歌う「ピアノ売ってちょーだい」というセリフが有名なCMソングです。音階が急に上下するメロディが興味を引くため、子供が泣き止んだと多くの口コミが広がり話題となりました。

2.とんとんトマトちゃん


NHKのEテレのいないいないばあのアニメ「とんとんトマトちゃん」のうた。親子で口ずさめるフレーズとかわいいトマトちゃんのアニメーションが人気の曲です。

3.POISON〜言いたいことも言えないこんな世の中は〜

反町隆史さんの名曲「POISON」。明確な理由はわかっていませんが、イントロに子供が反応する、反町隆史さんの低音ボイスが心地良いなどの声が上がっています。

4.ふかふかかふかのうた


ロッテが2021年に、発売する新商品「カフカ」のプロモーション曲として作られました。実は日本音楽研究所が監修し、子供が聞き取りやすい周波数や、さまざまなこどもの興味を引く、科学的根拠が詰まった1曲なのです。

5.パプリカ


明るく楽しい曲で、リズミカルな曲調や子供が元気よくダンスしているMVを見て、泣いている子供が一緒に歌ったり踊ったりしたという声も。

6.アンパンマンのマーチ

子供はみんな大好きなアンパンマン。この曲が流れてくると自然とリズムに乗り、笑顔になるこどもが多いのだとか。バイキンマンの歌も人気があります。

7.ムーニーちゃんのおまじない

おむつでおなじみのユニチャーム・ムーニーのキャラクター「ムーニーちゃん」が歌って踊る曲。泣き止む理由は、音がランダムで飽きない、途中でリズムが変わる、こどもが好む440ヘルツ周辺の音だから、など諸説ありますが実際に泣き止む子供が続出しています。

赤ちゃんや子供が泣き止むYouTube動画チャンネル5選

子育て中には、子供が泣き止む動画を知っていると、いざという時に助けられることが多くあります。そこで、子供が泣き止むと評判のyoutube動画チャンネルをご紹介します!

1.うたスタ-Japan nursery rhythms & kids songs-


登録者数40.3万人の、保育園や幼稚園で歌われている人気の手遊びや、Eテレの「いないいないばあ」や「おかあさんといっしょ」などで人気の曲などをたくさんカバーしているYouTubeチャンネル。子育て中の2人が、家庭で役立つようなミュージックアニメを配信しています。

2.キノコくんトマトちゃんのすぽすぽといぼっくす


キノコくんとトマトちゃんのすぽすぽといぼっくすは、家族で楽しくみられる知育に役立つ動画を配信しているYouTubeチャンネルです。箱にぽすぽすおもちゃが入っていく動画は、子供が泣き止む効果があると話題になっています。

3.とむすファミリーチャンネル


とむすファミリーチャンネルは親子で楽しめるyoutubeチャンネルで、「それいけ!アンパンマン」のアニメ制作企業トムス・エンタテインメントが運営しています。パンダコパンダやアンパンマンのダンス動画など、とむすファミリーならではの動画を多数配信中です。

4.シナぷしゅch


シナぷしゅchは、テレビ東京で放送されている民放初の赤ちゃん向け番組「シナぷしゅ」の公式youtubeチャンネルです。地上波で放送したアニメがそのままみられたり、パパ・ママ向けのコンテンツもあったり、さらには24時間ムゲンループ配信をしていたりと、親子で嬉しいyoutubeチャンネルです。

5.おどりっぴぃチャンネル – うたスタ公式


おどりっぴぃチャンネルは、こどもが喜ぶダンスや手遊びを配信しているyoutubeチャンネルです。パパ・ママだけでなく、教育現場で働く保育士や教諭向けに配信しています。おなじみの童謡から、Eテレで人気の歌などを楽しい手遊びやダンス付きで見ることができます。

AUTHOR

TAG