アバンティーズがアーティスト活動も本格的に始動!音楽活動にも本気な理由とは?

YouTubeでの動画活動はもちろん、楽曲を公開したり、先日から初のワンマンツアーをしたりと、本格的にアーティスト活動もスタートした「アバンティーズ」。
彼らが音楽活動に本気な理由とはいったいなんなのか、音楽サイトでのインタビュー記事に掲載された内容からまとめるとともに、アバンティーズの現在の活動についても紹介していこう。

アバンティーズが音楽活動を本格的に始動!初EPやツアーも

音楽活動を本格的に始動したアバンティーズは初EP『old color』を発売!

「アバンティーズが満を持して遂に音楽活動を本格化!」と謳われ発表された、アバンティーズの初EP「old color」のリリース。

2019年8月19日に発売された「old color」通常盤の収録楽曲は以下の通りだ。

  • 01. Cream
    02. Orange Sugar
    03. Black Joke
    04. Green Bottle
    05. We White dog
    06. Violet Dancer
    07. Red Line

「Red Line」は世界的にも有名なbanvox氏をプロデューサーに迎えた名盤となっている。

また、初回限定盤にはYouTubeで公開されたMVが930万再生を超えた初の楽曲「アバみ」や、音源初リリースの「妄想」も収録された。

通常盤は現在もオンラインショップなどで取り扱いしているため、まだ入手していない方は在庫のある今のうちに購入しておこう。

►タワーレコードオンラインショップで購入する方はコチラ:アバンティーズ/old color<通常盤> – TOWER RECORDS ONLINE

また、アバンティーズのチャンネルで公開された新曲紹介動画では、ライブ指南も行われているので、ぜひ一度チェックしてみてほしい。

全国都市4か所を回る初ワンマンツアーを開催!

引用:BARKS

アバンティーズのアーティスト活動は初EP「old color」の発売だけにはとどまらず、初EPに収録された新曲をひっさげて、初のワンマンツアー「AVNTIS TOUR 2019 “old color”」をスタートした。

全国4都市を巡るワンマンツアー「AVNTIS TOUR 2019 “old color”」の開催日程は以下の通りである。

  • 【東京公演】2019年8月18日㈰ マイナビBLITZ赤坂 ※公演終了
    【名古屋公演】2019年9月21日㈯ DIAMOND HALL ※公演終了
    【福岡公演】2019年11月16日㈯ BEAT STATION ※詳細は後日発表
    【大阪公演】2020年2月16日㈰ なんばHatch ※詳細は後日発表

現在は名古屋公演まで終了している。次回の福岡公演の詳細は近日中に発表されるようだ。


►「AVNTIS TOUR 2019 “old color”」詳細はUUUM公式サイトへ:アバンティーズ 、初のライブツアー「AVNTIS TOUR 2019 “old color”」開催決定!!|UUUM

また、大手音楽サイト「BARKS」では、ツアー最初となるマイナビ赤坂BLITZでのライブについてのライブレポートが公開されているため、そちらもチェックしてみてほしい。

►ツアーのライブレポートについてはコチラ:大手音楽サイトがアバンティーズのライブレポートを公開!ツアー詳細や新曲についても

YouTubeでも新曲MVを公開しアーティスト活動への本気度を見せる

8月19日に発売されたアバンティーズの初EP「old color」初回盤のみに収録されている新曲「妄想」のMVや、通常盤にも収録されている「Red Line」のリリックビデオが、アバンティーズのYoutubeチャンネルで公開された。

現在「妄想」のMVは92万回再生を突破、「Red Line」のリリックビデオは58万回再生を突破している。

練習の時の音源などをMIXしたと思われるエイジのパートが入っている「妄想」、そして新曲とは思えないほど、公開当初からファンに神曲認定された「Red Line」。

まだ見てない・聴いていないという方はぜひ一度視聴してみよう。

アバンティーズがアーティスト活動に本気な理由とは

インタビューで「アーティスト活動に本気な理由」を語るアバンティーズ

引用:アバンティーズがアーティスト活動も本気でやる理由「本当の自分たちを出せる音楽をやっていきたい」 – エキサイトニュース

2019年8月23日にエキサイトニュースがアバンティーズのインタビューを公開した。その中でアバンティーズは「アーティスト活動を本気でやる理由」について語っている。

作品へのこだわりや、視聴者への信頼などについても語られているため、ぜひ一度じっくりと読んでみてほしい。

►アバンティーズのインタビューはコチラ:アバンティーズがアーティスト活動も本気でやる理由「本当の自分たちを出せる音楽をやっていきたい」 – エキサイトニュース

YouTuberのアーティスト活動を世間に認めてもらいたい

ドラマや映画と並ぶ「やりたいことの1つ」として音楽を挙げ、2年ほど前から徐々に音楽活動をスタートしたアバンティーズ。

ヒップホップにしたのは「本当の自分たちを出せる音楽」をやっていきたい、「あくまでも自分たちにしかできない表現で」という気持ちからだったそう。

そらちぃ:「YouTuberの作る音楽だからこのレベルやクオリティでもしょうがない」、そんなことを言わせたくない。そんな気概が根底にはありましたから。

引用:アバンティーズがアーティスト活動も本気でやる理由「本当の自分たちを出せる音楽をやっていきたい」 – エキサイトニュース

インタビュー内では、動画や映像と同じく、楽曲制作に一切の妥協をしていないと「本気さ」を語っている。そんなアバンティーズの「アーティスト活動への本気さ」の根底には「YouTubeアーティストを世間に認めてもらう」という気持ちがあったようだ。

そらちぃ:自分たち的には、音楽は音楽としてストイックにやっている自負があるので。自分たちがしっかりと自信をもって自分たちの音楽をやり続けていけば、理解してくれたり、認めてくれる方も出てくることを信じてます。そういった存在に俺らがなれればと思う反面、なっていかなくちゃならないし、変えていかなくちゃなとは強く思います。

引用:アバンティーズがアーティスト活動も本気でやる理由「本当の自分たちを出せる音楽をやっていきたい」 – エキサイトニュース

アバンティーズというジャンルを確立させたい

 

アバンティーズは、世に出ているアーティストそれぞれに、独自のジャンルが確立している現在の音楽界を踏まえ、アバンティーズというジャンルを確立させたいと語っている。

そらちぃ:きっとこれを出して以降、「アバンティーズなんてヒップホップじゃねぇ!」と揶揄されるかもしれない。だけどそんな時でも、「そうだよ。アバンティーズはアバンティーズってジャンルだもん!」と言い返せる。俺らもそこを目指していきたいです。

引用:アバンティーズがアーティスト活動も本気でやる理由「本当の自分たちを出せる音楽をやっていきたい」 – エキサイトニュース

結果がすぐについてくるわけではないが、本気でアーティスト活動に取り組み、「アバンティーズ」というジャンルを確立させ、自分たちなりのやり方で道を切り開いていくと話す彼らを、これからも応援してほしい。

kbys
kbys YouTube歴7年、好きなYouTuberは水溜りボンドです。他にもアナタシアの踊ってみたや、キヨ・タイショーのゲーム実況、他歌ってみたなど、色んなジャンルの動画が好きな二児の母です。
0 ---------
投稿日:2019年10月1日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz