この記事の動画:
水溜りボンド
【水溜りボンド】1000℃の鉄球を-196℃の液体窒素に入れた結果・・・

水溜りボンドをみる コメントを投稿

水溜りボンド このYouTuberをみる チャンネル登録

【水溜りボンド】1000℃の鉄球を-196℃の液体窒素に入れた結果・・・

2018年3月15日、水溜りボンドは「【実験】1000℃の鉄球を−196℃の液体窒素に入れたら予想外すぎた!!」を公開した。

トミーとカンタは、1000℃に熱した鉄球を、-196℃の液体窒素に入れる実験を行なった。

冒頭、本日のゲストは「一時代を築いた鉄球様」というテロップが出されて、鉄球が紹介される。

カンタがずっとやりたかったことがあるが、かなり危険なはずだと言う。

元気先生に相談していたが、爆発するので危険だと言われていた。

しかし、カンタは絶対に実現したいと話す。

数年前に、鉄球シリーズが流行ったが、今そのカンタがやりたい実験を実現しようという。

それは、-196℃の液体窒素の中に、3000℃がでるバーナーで熱した鉄球を入れること。

元気先生は、液体窒素は100℃でも爆発するので、1000℃だと確実に爆発するから、絶対にやりたくなかったようだ。

危険なので、元気先生は、予備実験を重ねて来てくれたという。

これから、元気先生の説明が始める。

実験の過程と結果が気になる人は、動画をご覧ください。

水溜りボンド

【水溜りボンド】イクラ3キロを食べ尽くせ!

水溜りボンドのドッキリ動画まとめ!カンタのリアクションに注目!

コメントを投稿

avatar
並べ替え:   新着順 | 古い順 | 投票数
trackback

[…] 【水溜りボンド】1000℃の鉄球を-196℃の液体窒素に入れた結果・・・ […]

wpDiscuz