ヒカキンのファン離れが加速中!?噂の真相を確かめてみた!

最近、ネットニュースやまとめサイト等で「ヒカキンのファン離れ」という言葉をよく見かけるようになった。

しかし、それとは対象的にテレビやCM出演など、ヒカキンがYouTubeだけでなくお茶の間に登場する回数は確実に増え続けているため、実際は更にファンが増えていることが考えられるのだが、もしかするとファン離れを危惧した「ゴリ押し商法」という可能性も!?

そこで今回は、実際にヒカキンのファン離れが起きているのかどうか、そして何故そのような情報や噂が流れてしまったのかについて調査・考察してみた。

ヒカキンのファン離れが噂されている原因は?

まずはじめに、何故ヒカキンのファン離れがネットで噂になっているのか、その理由についてを考えてみた。

恐らく理由は、最近彼の動画でよく投稿されている「ある動画」が原因であると考えられるが・・・?

動画内容が「金持ち自慢」になってしまったから

ヒカキンのファン離れが噂されるようになってしまった大きな理由、それは恐らく高額商品をどんどん衝動買いしていく成金による金持ち自慢のような動画が増えてしまったことであると言えよう。

現在、完全になくなってしまったというわけではないのだが、ヒカキンの「お金持ちなのに庶民感覚」という私生活に好感を抱いていたファンはとても多かった。

しかし、最近投稿されるようになった高級ブランド品や高価な腕時計を即決で購入する動画が増えてからは一部視聴者からの評判が少々よろしくないようなのだ。

この手の動画が投稿されるようになった当初は

「日本経済を動かしてくれているんだから問題ないのでは」

「自分で稼いできたお金なんだから好きに使っていいと思う」

と割り切って動画を視聴しているファンも多かった。

しかし、高級品を大人買いする動画がその後続々と投稿されるようになったことで

「こんなのヒカキンには求めていない」

「流石に金持ちアピールがうざい」

という声もちらほら・・・。

このことが原因で炎上したということは無かったが、一部の視聴者からはかなりのイメージダウンとなってしまうことに・・・。

►過去にヒカキンが購入した高級品の一部はコチラ:ヒカキンTVで紹介された高額商品ランキング!【スネキン】

子供達からの支持率ダウン!?

これまでヒカキンが投稿する動画の多くは、中には高級なお菓子や家具を紹介する内容のものも存在するが、基本は日常的にコンビニやショッピングセンターなどで見かけるお菓子やおもちゃといった「子供が楽しく視聴することのできる動画」が大部分を占めていた。

現在もこのような動画は投稿されているのだが、過去と比べるとかなり投稿数は減少し、そのかわりに子供が全く見向きもしないようなブランド物の買い物動画が増えてしまったことから「面白いヒカキン」を楽しみにしていた子供たちがヒカキンから離れてしまったのでは、ということも考えられる。

人気YouTuberの増加


出典:YouTube.com

また、他には世界中から人気を集める大食いYouTuberの木下ゆうか、そして若い層から大きな人気を獲得しているはじめしゃちょー・フィッシャーズ・東海オンエアなど新たな人気YouTuberの活躍なども、ヒカキンのファン離れが噂されることとなった大きな原因の一つだと言えるだろう。


出典:https://subscribercounter.com

特に、はじめしゃちょーについてはメインチャンネルの登録者数はヒカキン(2019年2月の時点で約700万人)よりも約50万人多い約751万人と圧倒的な差を付けており、過去には何度も「ヒカキンの天下は終わった」「そろそろヒカキンもオワコン」などと噂されたことも。

このように、ヒカキンに続く新たな人気YouTuberが年々増えてきているのは非常に嬉しいことではあるが、それによってヒカキンのシンプルな動画スタイルがどんどんオワコン化していくのでは、と心配する視聴者も多いのではないだろうか。

・・・と、ここまではあくまでヒカキンからファンが離れてしまっているということを仮定しての予想であるが、果たして噂の真相は・・・!?

本当にヒカキンのファン離れが加速しているのか調査してみた!

では、ここからは筆者の勝手な予想ではなく、動画の視聴回数や登録者数の増減といったデータを元に、ヒカキンのファン離れ加速の真偽について確認してみよう。

再生数・登録者数から見る「ヒカキン人気」

2015年から現在(2019年2月)までのHikakinTVの登録者数と動画の再生回数をグラフにしたものがコチラ↓


出典:https://ytranking.net

なんと、2015年から殆ど大きな落ち込みはなく登録者数・視聴回数共に右肩上がりで増え続けているのだ。

よく、登録者数は100万人以上いるのに再生回数は僅か1万といった「登録者数と再生回数が釣り合っていない」という、悪く言うと旬を過ぎてしまったYouTuberは山程存在するが、ヒカキンの場合は「登録者数<再生回数」というまだまだファン離れにと言うには早い数値を叩き出している。


出典:https://ytranking.net

このように登録者増加数のランキングは年々落ちてはいるのも現実だが、ヒカキンのファンが以前よりも減った・離れたという訳ではなく、チャンネル登録を解除してしまったファンの数よりも、新規でヒカキンのチャンネルを登録するファンも安定して増え続けてはいるのだ。

現在もヒカキン人気は健在!

つまり、登録者数・再生回数共に現在も増え続けているという結果からファンのヒカキン離れはまだまだ心配する必要はないと言えよう。

動画スタイルが以前と少し変わってしまったことにより過去にファンだった視聴者は離れてしまったかもしれないが、そのかわりに新たな視聴者層を獲得したことにより現在も尚登録者・再生数共に伸び続けているHikakinTV。


出典:https://www.procrasist.com

それよりも勢いが増し続けているはじめしゃちょーには先を越されてしまうかもしれないが、日本人で数少ないダイヤモンドの再生ボタン(登録者1000万人到達者に送られる再生ボタン)獲得者になれる日もそう遠くはないのかもしれない。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
3 ---------
投稿日:2019年2月6日

コメントを投稿

avatar
並べ替え:   新着順 | 古い順 | 投票数
匿名
匿名
2019年4月29日 4:23 AM

ウザい 勘違い成金

匿名
匿名
2019年4月12日 2:06 AM

海外のブランド買うだけでつまらない。
どうせ金使うなら日本のもの紹介しようぜ。

匿名
匿名
2019年4月4日 6:32 AM

ただのステマで草

wpDiscuz