DJ社長のおかげかカンタフェスティバルがトレンド入り

2019年4月4日、水溜りボンドのカンタが25歳の誕生日を迎えたのだが、その際にファンのつぶやきに付けられた謎のハッシュタグ「カンタフェスティバル2019」がなんと日本だけでなく世界のトレンド入りを果たすことに。

実は、このハッシュタグの生みの親が先日活動を休止することを発表したレペゼン地球のDJ社長だったということもあり、大きな話題となっているそうなのだ。

「カンタフェスティバル2019」世界トレンド入り果たす

何故フェスティバル?事の発端について

事の発端はレペゼン地球が2019年3月27日に投稿したこちらの動画のワンシーンから↓

DJ社長がカンタにLINEで電話をかけるシーンで、カンタの表示名が何故か「カンタフェスティバル」という名前に変更されており、響きや単語の面白さもあり大きな話題に。


出典:YouTube.com

また、これについてカンタもTwitterでリアクションを取っており・・・

このことで更に多くの人々から注目を集め、同月4月4日の誕生日は急遽「カンタフェスティバル2019」のハッシュタグを付けられいつもの誕生日以上に沢山のお祝いツイートが贈られることとなったのだ。

因みに、何故DJ社長がカンタの名前を「カンタフェスティバル」と登録していたのかは全くの不明であるが、丁度カンタの誕生日が近かったということもありTwitterはカンタフェスティバルの話題で大盛り上がり!

カンタフェスティバル2019のハッシュタグはぐんぐんと増え続け・・・

カンタフェスティバル、まさかの世界トレンド入りへ

なんと、日本のトレンドを超え、カンタフェスティバル2019が世界のトレンド入りを果たしてしまうという驚きの展開に。

また、カンタフェスティバルだけでなく「カンタくん」のハッシュタグまでもが世界のトレンド入りを果たすという、まさに正真正銘のお祭り状態になってしまった。

その後、カンタが投稿した「DJ社長許さん笑」とDJ社長への恨み節ツイートは2万以上のいいねが付けられ、ファンをはじめ多くのYouTubeユーザーから笑いを誘うことに。

レペゼン地球の活動休止もトレンド入りの要因に?

カンタフェスティバルの生みの親であるDJ社長が所属するDJ集団「レペゼン地球」はカンタの誕生日の2日前である4月2日に活動休止を発表する動画を投稿しており、そこで多くの視聴者からの注目がレペゼン地球へと集まっていたこともまた、今回カンタフェスティバルがトレンド入りを果たしたもう一つの要因であるといえるだろう。

►レペゼン地球活動休止に関する詳しい情報はコチラ:レペゼン地球の休止理由は?まるの病気やメンバーの転職疑惑について調査してみた!

DJ社長・たっくーTV・・・愛され過ぎのカンタくん

また、カンタはDJ社長だけでなくたっくーTVからも「キャンタ君」という愛称でイジられていた親しまれていたこともあり、今回のカンタフェスティバルも含め「YouTuberから愛されすぎwww」と話題に。

今回、カンタがここまで多くの人々から注目を浴びることとなった理由は、カンタ自身の人気はもちろん、立て続けに様々なYouTuberたちからネタとして取り上げられていたこともまた、今回のカンタフェスティバルが大きく盛り上がった理由だと考えられる。

因みに、たっくーTVも活動休止中であったがカンタの誕生日に合わせて動画活動を再開した。

►たっくーTVの活動休止理由についてはコチラ:たっくーTV突然の賢者タイム!?活動休止の理由・ファンからは愛溢れるコメント

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
0 ---------
投稿日:2019年4月4日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz