なぜ嫌い?フィッシャーズにアンチが多い理由とは

子供から大人まで、様々な世代から愛される大人気YouTuber「フィッシャーズ」。

しかし、彼らには他の人気YouTuberよりもアンチが多いというイメージを持っている方もいるのではないだろうか。

今回は、フィッシャーズに何故多くのアンチが付いているのか、その理由について詳しく調査をしてみた。

【はじめに】フィッシャーズファンの方へ


出典:YouTube.com

この記事の大部分は、フィッシャーズに対するアンチの反応がメインとなっています。

心無い言葉・悪口に感じられるような表現も数多くありますので、フィッシャーズが大好きという方は閲覧せずにブラウザバックすることを推奨します。

また、当記事は悪口・誹謗中傷などのアンチ行為を肯定するものではございませんことを予めご了承下さい。

フィッシャーズにアンチが多い理由①「動画視聴者が圧倒的に多い」


出典:YouTube.com

日本で5本の指に入る超人気YouTuber、フィッシャーズ。その人気ぶりは、登録者550万人以上、つまり日本人口の約5%が彼らのチャンネルを登録しているということからもお分かりいただけるだろう。

しかし、それだけ彼らを推しているファンがいるということは、逆に彼らのことを良く思わない「アンチ」も大量に存在するということに。

「見たくなくても目に入る」との声も


出典:www.irasutoya.com

また、フィッシャーズの動画は殆どが100万再生を超えるビッグタイトルであることから、彼らの動画を視聴していなかったとしてもおすすめや急上昇に挙がってくる機会が他のYouTuberと比べて多いため、それを不快に感じるというYouTubeユーザーも少なくないそうだ。

「嫌なら見るな」という言葉があるが、YouTubeはどうしてもおすすめ・急上昇・広告などから「見たくなくても目に入ってくる」という現象が起きてしまうため、残念ながらフィッシャーズを「うざい」と感じてしまうユーザーが一定数出てきてしまうのは、仕方のないことなのかもしれない。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
0 ---------
投稿日:2019年7月25日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz