レぺゼン地球の「炎上万博」を格闘家YouTuberシバタ―が正論で批判!?

2019年8月8日にレぺゼン地球が、過去に炎上したYouTuber達を集め、総合格闘技のルールで戦うという「炎上万博」を開催したのを覚えているだろうか。

かなり注目の集まったイベントではあったものの、試合の映像を見たシバタ―が正論で批判し話題になっていた。

今回はシバタ―の「炎上万博」批判について、視聴者の反応と共に、炎上万博の内容を振り返りながら紹介していく。

レぺゼン地球の炎上万博を格闘家YouTuberが批判!?

2019年8月12日、シバタ―が「レペゼン地球の炎上万博を見て思った事」を公開した。

現役のプロレスラー&総合格闘技の試合に出場したこともあるシバタ―は、動画内で格闘家YouTuberとして、2019年8月8日にレぺゼン地球が開催した「炎上万博」に対し「凄い危ない」と危険性を指摘している。

►炎上万博開催についての記事はコチラ:レペゼン地球がマホトら炎上YouTuberと格闘技イベント「炎上万博」開催!?

また、プロボクサーとして活動していた時期のあるジョーブログが素人であるレぺゼン地球メンバーと試合をしたことについても「プロ失格」と批判した。

プロ格闘家YouTuberシバタ―が語る炎上万博の危険性

TKOのような状態でもレフェリーがすぐに止めなかった

シバタ―は炎上万博内での「脇vsジョーブログ」の対決映像を見て、まず第一に「レフェリーがそもそも格闘技をさばいている人じゃない」「おそらく素人」であると分析した。

そして対決中、ジョーブログのサッカーボールキックが決まっているシーンに関し

  • ・ジョーブログのキックで脇がTKO状態になったときレフェリーが試合を止めなかった=危険
  • ・試合を止めない状態で、もしジョーブログが脇をぼこぼこにしていたら「後遺症が残る」ほどの怪我になっていたかもしれない

と、おそらく素人であるレフェリーの審判ひとつで、脇がもしかしたら車いす生活になっていたかもしれない、という恐ろしさを語っている。

致命傷にならないようなルールでやらないといけない

引用:https://youtu.be/-JN1dF1KlNQ

シバタ―は、本来素人同士で戦うのであれば「サッカーボールキックは禁止」「脊椎へのひじ打ちや、死角からバックマウントを取ってパンチ、も禁止」などお互いに致命傷にならないようなルールでやらなければいけないのだと話している。

しかし今回はそういったルール設定がきちんとされていない上に、おそらくリングドクターもいない。

「”格闘技ってテレビでやってたからこういうルールでしょ”くらいの知識で素人がルールを作って行われた試合」と分析し、改めてこの試合の危険性を訴えた。

素人を怪我させる試合の決め方をしたジョーブログは「プロ失格」

引用:https://youtu.be/-JN1dF1KlNQ

シバタ―は最後に「そもそもプロボクサーが素人と試合をしてはいけない」という旨を述べた。

現在は引退しているものの、一旦はプロテストに合格し、プロボクサーとして活動していた時期のあるジョーブログ。

試合内では脇に対し、ボクシングで習った技も出した上に、サッカーボールキックで戦闘不能にしていたことから「素人を怪我させてしまうような試合の決め方をしているのはプロ失格」と嫌悪感たっぷりに話す。

また、今回素人が開催した試合で素人を叩きのめしたため、もしかしたら協会から除名処分を受けるのでは?という可能性も語っている。

ちなみに以前シバタ―もレぺゼン地球らとバトルをしたことはあるが、その件に関して「あれはけが人が出ないようにしている」と、きっちりと動画裏でそういった対処をしていたことを話していた。

kbys
kbys YouTube歴7年、好きなYouTuberは水溜りボンドです。他にもアナタシアの踊ってみたや、キヨ・タイショーのゲーム実況、他歌ってみたなど、色んなジャンルの動画が好きな二児の母です。
0 ---------
投稿日:2019年9月20日

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz