• NEWS
  • 2020.03.30

祝 ヴァンゆん 登録者200万人! 過去動画を振り返ってみる

2020年3月29日、ヴァンゆんチャンネルがチャンネル登録者数200万人を突破した。

今回は200万人突破を記念して、ヴァンゆんチャンネルの過去動画をいくつかピックアップしてご紹介!これまでのヴァンゆんチャンネルの歩みを、懐かしの過去動画と共に振り返っていこう。

【祝】ヴァンゆんチャンネル登録者数200万人突破!

2020年3月29日、男女で活動するYouTuber”ヴァンゆん”のYouTubeチャンネル「ヴァンゆんチャンネル」の登録者数が200万人を突破。

2019年3月13日にチャンネル登録者数100万人を突破してから約1年で、今回200万人突破を迎えることとなった。

ファンからは、ヴァンゆんのチャンネル登録者数200万人突破を祝うメッセージが続々と寄せられている。

►ヴァンゆんについて詳しくはコチラ:ヴァンゆんが太田プロ所属!プロフィール(本名/年齢/出身地)/年収/気になる関係は??

ヴァンゆんチャンネル過去動画振り返り【ゆん初登場~コンビ結成】

今でこそ2人で「ヴァンゆんチャンネル」というチャンネル名での活動をしているヴァンゆんだが、ヴァンビとゆんは元々個人で動画活動をしており、今「ヴァンゆんチャンネル」として使っているチャンネルは元々ヴァンビの個人チャンネルだったもの。

まずは、そんなヴァンビ個人チャンネルでのゆん初登場の動画や、ヴァンゆんの初コラボ動画、そして記念すべき「ヴァンゆん」結成時の動画を紹介。

懐かしみつつ現在のヴァンゆんと比較しながら楽しんでほしい。

ゆん初登場は「渋谷全域かくれんぼ」(2017年11月24日)

マンガに登場する料理を再現するシリーズや、ジェンダーレス系男子動画などで人気だったヴァンビのチャンネルにゆんが初登場した動画は、2017年11月24日に公開された「【ぶちギレ喧嘩!?】渋谷全域でかくれんぼして先帰るドッキリww」だ。

この動画は2人だけのコラボではなく、ヴァンビ・ゆん・三納ばなな・まーくんという異色の4人でコラボしており、男性3人がゆんを探す「渋谷全域かくれんぼ」という企画を行っている。

今と違ってよそよそしいヴァンゆんに注目してほしい。

ヴァンゆん初コラボ!「超巨大アニメ肉大食い」(2018年2月10日)

先ほど紹介した動画がゆんの初登場ではあったが、ヴァンゆんの初コラボとして取り上げられている代表的な動画といえばやはり、ゆん初登場から少し日が経った2018年2月10日公開の「【大食い】禁断の大食い。超巨大アニメ肉を食べきる!! 〜総重量約7.0㎏〜【食戟のソーマ】」ではないだろうか。

この動画ではヴァンビとゆん、そしてこの時期ヴァンビの動画の手伝いや出演をしていたハルトを含めた3人で「巨大なんちゃってローストポーク大食い」という企画を行っている。今と比べるとかなり大人しめな、ゆんの様子をお楽しみいただきたい。

  • ゆんちゃんねるの方で公開されたコラボ動画で語られているが、UUUM所属だったヴァンビとVAZ所属だったゆんは、両事務所のクリエイター同士の忘年会や新年会などで何回か顔を合わせており、その際に「コラボしよう」という話が上がっていたんだとか。そしてそれがしっかりと実現したのがこの回である。

ゆんチャンネルで公開されたコラボ動画はコチラ↓

ヴァンビとゆんが”夏限定”でのコンビ結成を発表!(2018年7月20日)

ヴァンゆんが最初にコンビ結成を発表したのは、2018年7月20日。実はこの時点では、”2018年の夏限定”でのコンビ結成だった。

現在、コンビ結成発表当日に公開されていた動画は、非公開もしくは削除されており、視聴できなくなっている。

翌日の2018年7月21日の動画「ヴァンゆん賛否両論について、これが僕たちの本音です。」冒頭でも、前日の動画がプチ炎上しているという話をしていたため、寄せられた批判による炎上で削除もしくは非公開になったのではないだろうか。

ちなみにコンビ結成発表翌日の動画では、視聴者からの色々な意見を受けて、コンビ結成の説明や馴れ初めが語られており、ゆんの個人チャンネルでもコンビ結成を発表している。

ゆんの個人チャンネルでコンビ結成を発表した動画はコチラ↓

”夏限定”で始動したヴァンゆんがコンビ活動続行を発表し賛否両論(2018年9月3日)

2018年、最初は”夏限定”でコンビ活動をスタートした「ヴァンゆん」。

一旦はヴァンゆんのコンビ動画最終回を迎えたあと、夏休み終盤の9月3日に「解散 × ただいま × 終わりと始まり」が公開された。

その中で夏のヴァンゆん反響が凄かったことを踏まえ、このまま解散せずコンビ活動を続行していくことを発表したヴァンビ。

しかし、元々ヴァンビ単体を応援していて、かつヴァンゆんのコンビ結成をあまりよく思っていなかったファンからは「2人でやるんだったら新しいチャンネル作ってほしい」「夏限定って言ってたから我慢してたのに」「ソロを楽しみにしてたファンのこと無視するんですか」「チャンネル登録解除しました」といった否定意見が殺到しまたもやプチ炎上状態に…。

もちろん、このときの決断があったからこそ今のヴァンゆんがあり、当時否定意見を超えるくらいヴァンゆん続行に喜んでいる視聴者も多かったため、この決断はきっと正しかったのだろう。

コメントを投稿

avatar

ユーザー

wpDiscuz

AUTHOR

YouTube歴7年、好きなYouTuberは水溜りボンドです。他にもアナタシアの踊ってみたや、キヨ・タイショーのゲーム実況、他歌ってみたなど、色んなジャンルの動画が好きな二児の母です。