ヒカキンとマスオの不仲説は本当?喧嘩/抗争/マスオだけが嫌われる理由とは

ヒカキンと大の仲良しで、コラボ動画を良く投稿しているマスオ。
しかし、どうやら一部ではヒカキンとマスオが実は不仲なのでは?と噂する声もあるとか・・・。
今回は、そんなヒカキンとマスオの不仲説について徹底調査!
ふたりの関係や、ヒカキンと似たジャンルを投稿しているのにも関わらず何故マスオの好感度は上がらないのかなど、ヒカキンとマスオに関する情報をご紹介していこう。

ヒカキンとマスオの関係は?

まずは、ヒカキンとマスオの関係についてご紹介していこう。
同じUUUMに所属するYouTuber仲間ではあるが、実はふたりはプライベートでも繋がりのある大親友なのだ。

 ヒカキンとマスオは幼馴染!

ヒカキンとマスオは、幼稚園時代からの幼馴染である。
保育園だけでなく、小・中・高校も全て同じ学校を卒業している、いわゆる「腐れ縁」というやつだ。

幼い頃は、サンダル飛ばしや石集め、そして自作の弓矢で遊ぶなどふたりともよく外で遊ぶ元気な子供だったそう。

幼馴染のマスオさんとノマノマイェイ

A post shared by HIKAKIN ヒカキン (@hikakin) on

高校を卒業し、ヒカキンと同じくマスオもマッサージ師になるべく上京。
上京後も住んでいる場所が近かったことから、よくふたりで食事や飲みに出かけていたそうだ。

マスオがYouTubeを始めたきっかけはヒカキン?

ヒカキンの動画にマスオが登場したのは2012年頃。
まだマスオはYouTuberとして活動はしておらず、視聴者からは「ヒカキンの友達のマスオさん」として親しまれていた。


出典:Twitter.com

そこで「マスオさん面白い!」「チャンネル持ってないんですか?」というファンからのコメントが多かったことから、ヒカキンがマスオに個人でYouTube活動を始めることを勧めたそう。

マスオの初めての動画!チャンネル名の名付け親は・・・?

そんなマスオの初めて投稿した動画はこちら↓

因みに、現在は「ヒカキンのパクリ」だと思われている「Masuo TV」というチャンネル名の名付け親はヒカキンだったりするのだ。

ここから、ふたりは親友であり当時は数少ないYouTuber仲間として、お互いのチャンネルを支え合い現在はふたりとも100万人以上の登録者を支える大人気YouTuberへと成長することに。

マスオのチャンネル登録者数が100万人を突破した際、ヒカキンは自身のチャンネルにてお祝いの動画を投稿。
自分のチャンネルが100万人を突破したときよりも激しく喜んでいたことから、どれだけ彼がマスオのことを気にかけていたのかが伺えた、心温まる(?)エピソードとなった。

ヒカキンとマスオの不仲説について


出典:YouTube.com

しかし、現在そんな大親友であるふたりには信じられない「不仲説」が囁かれているとか。
何故、そのような噂が流れることとなってしまったのか原因を追求してみよう。

喧嘩や抗争の噂は本当なの?


出典:YouTube.com

不仲の原因のひとつは、ヒカキンとマスオが喧嘩・抗争をしていたとの噂から。

しかし、よく調べてみたところ、この「喧嘩」「抗争」の噂は全くのデマ。
YouTubeでふたりの動画を組み合わせてあたかも喧嘩をしているかのように見せるネタ動画が投稿されているだけであり、実際にふたりが喧嘩をしたなどのエピソードや動画・ツイートなどはひとつも見つけることはなかった。

 

マスオがヒカキンを売った!?

続いてはこちら。
これは、ヒカキンの住んでいる豪邸の家賃をマスオが写真週刊誌にリークしたのでは、という噂から囁かれた不仲説である。
詳細はこちらから↓

ヒカキンの豪邸の家賃は160万!?住所・間取りについて徹底調査!

これが原因で、ヒカキンがマスオに対して不信感を抱いているのでは、ということが噂された。

しかし、もちろんこちらもあくまでただの噂話なので真に受けないようご注意を。
現在も一緒にコラボ動画を投稿したり旅行に出かけていることから、ふたりの友情はまだまだ健在であることがお分かりいただけるだろう。

ヒカキンとマスオは今でも大親友!

YouTuberの仕事が忙しくなったことから、以前よりも一緒に出かけたりすることは少なくなってしまったかもしれないが、ふたりは現在も学生時代と変わらず大親友のまま。

今後もヒカキンがマスオのことを嫌いになったり、マスオがヒカキンに対して敵意を持つことはまずありえないと言っても良いだろう。

ヒカキン人気に対してマスオは嫌われ者?


出典:YouTube.com

現在、日本で最も知名度が高いとされるヒカキン。

アンチも非常に少なく誰もが認める人気者だが、なぜかマスオは「嫌われ者」として扱われてしまうことが多い。
ここからは、ヒカキンが「大親友」と言っているのにも関わらずマスオにはアンチが多いのかについてご紹介していこう。

マスオが嫌われているのは「ヒカキンに便乗した」から?

ヒカキンに勧められYouTubeへ動画投稿を始めたマスオ。
「ヒカキンの友達」としてYouTubeデビューしたことが原因で、人気が出始めて来た頃から「ヒカキンに便乗しただけで自力で人気を獲得できていない」「ヒカキン人気を利用した便乗商法」などと心無いバッシングを受けるようになってしまったのだ。

しかし、マスオがYouTubeで動画をするきっかけとなったのは先にご紹介したとおりヒカキンとその視聴者の後押しであることをお忘れなく。

最初はヒカキンと同じく商品紹介などの動画を投稿してきたマスオだが、現在は料理やスポーツなど、ヒカキンとは違うジャンルの動画で人気を獲得していることから、現在のマスオ人気は決してヒカキンのおかげではなく、マスオ自身の努力と頑張りがあったからなのだと言えよう。

ベタ男での炎上で好感度がダウン!

しかし、マスオが「嫌われ者」として認知されている原因の一番大きな部分は便乗ではなく、今でも一部アンチから言われ続けている「ベタ男事件」なのだろう。

ベタ男事件についてご存じの無い方はこちらのリンクを参考にしていただきたい↓

MasuoTV

この事件がきっかけで、マスオのアンチが急増。
既に事件から3年以上が経過し、現在は事件も収束して動画への低評価や執拗なコメント荒らしは少なくなったものの、まだまだマスオについてよく知らないというユーザーからは

「ペットが死んだときに逆ギレした人」

「ヒカキンとは正反対の性格が悪い人間」

といったイメージが払拭しきれていないようだ・・・。

しかし、マスオがチャンネル開設5周年を記念した際に投稿した動画を一度ご覧になっていただければ、少しはマスオに対する考え方が変わるかもしれない。

炎上した時の話や、その時の自分の立ち位置についても話しているので、マスオが当時何を考えていたのかが気になるという方は是非。

ヒカキンの親友は大変!?

大人気YouTuberのヒカキンと仲が良いということから、損な役回りになってしまうことの多いマスオ。

しかし、ヒカキンと現在も交流を続けていることからも、お互いがどれだけ大切な友人だと思い合っているかがお分かりいただけただろう。

よくヒカキンと比較されてしまうことがあるが、それでもマスオはヒカキンに嫉妬することなく彼を応援し続けてきた。

今後もふたりの友情は崩れることなく、いつまでもファンたちが羨む仲良し幼馴染であり続けることだろう。

HIKAKIN

コメントを投稿

avatar
並べ替え:   新着順 | 古い順 | 投票数
wpDiscuz