ヒカキンの猫(まるお/もふこ)の種類は?値段/名前の由来/奇形のペットで炎上!?

今回は、ヒカキンが新たな家族として迎え入れた可愛い猫ちゃんたちについてご紹介!
名前やその由来について、そして気になるお値段や種類などなど・・・。

更に、猫を飼ったことによって起きてしまった思いもよらぬ炎上についてもじっくりと観察していこう。

ヒカキンの飼っている猫達をご紹介!名前の由来/2匹の関係について

まんまる可愛い!『まるお』

まず、一番最初にヒカキンの家にやってきたのは、丸いクリクリとした目、顔が可愛い「まるお」。

名前の由来は見た目のまま「シンプルに顔が丸くて男の子だから」ということ、そして予てから「猫を飼ったら3文字以内の名前にしたかった」ということから。


出典:YouTube.com

当初は自分の名前に合わせて「〇〇キン」という名前も考えたそうなのだが、長い目で考えると「自分の名前を呼んでいるような気がして・・・」という考えもあり却下になったそう。


出典:YouTube.com

敢えて視聴者からは名前を募集せず、数日掛けて自分でじっくりと考えた名前であったため視聴者からはこの「まるお」という名前はかなり好評だったようだ。

もふもふの女の子!『もふこ』

まるおがヒカキン宅にやってきた約2ヶ月後の9月、今度はふわっとした毛並みがチャームポイントの「もふこ」が新たにヒカキンファミリーの仲間入りを果たすこととなった。

元々ヒカキンは猫を2匹飼う予定だったのだそうだが、過去に実家で猫を飼っていたものの一人暮らしで猫を迎えるのが初めてであったことから「一人できちんと面倒を見ることができるのか」という心配があったため、最初から多頭飼いをすることは避けたという。


出典:YouTube.com

しかし、多頭飼いをするなら子猫のうちからのほうが良いということや、まるおと後述するまるおともふこの関係からも、まるおを飼い始めてから約2ヶ月というかなり早い段階でお迎えをすることとなった。

もちろん、もふこの名前の由来は「頭から尻尾の先まで毛がもふもふしている」ということから。

まるおよりも少しふてぶてしい表情が印象的な、ヒカキン好みの可愛い女の子だ。

まるおともふこの関係は?

まるおともふこの関係は、先にご紹介した動画のサムネイルで既におわかりになったと思うが、同じ母親から生まれた兄妹。

ヒカキンが早い段階で多頭飼いを決意したのは「離れ離れになった兄妹を一緒に生活させてあげたかったから」という理由も含まれていたのだ。

多頭飼いをするということに当たって慎重な選択をしたことから「一気に2匹飼うなんて・・・」などと言った批判はなく、視聴者からもすんなりと受け入れられることとなった。

早く2匹が遊んでいる動画が見たい!

View this post on Instagram

平和な2匹🐱🐱

A post shared by HIKAKIN ヒカキン (@hikakin) on

去勢・避妊手術をしていないということもあり、現在は1匹が遊んでいるときはもう1匹はケージに入れられた状態である。
※去勢・避妊は2018年12月に行う予定とのこと

そのためまだまだ2匹揃っての動画はあまり投稿されていないが、ヒカキンのSNSには2匹の可愛い成長記録の写真やショートムービーが沢山投稿されているので「まるお・もふこ成分が足りていない!」とお嘆きの方は是非♪

ヒカキンのTwitterはこちら、Instagramはこちらから。

ヒカキンが飼っている猫(まるお/もふこ)ってどんな猫なの?

では、次はまるお・もふこは一体どんな猫なのかについてご紹介していこう。
平均的な値段などについてもご紹介するので、現在猫を飼おうか検討中という方も是非参考にしていただきたい。

まるおともふこはどんな種類の猫?


出典:https://www.min-petlife.com/25266

ヒカキンがお迎えしたまるお・もふこはスコットランド原産の「スコティッシュフォールド」という猫。


出典:http://blog.mofumofukun.com/archives/156

おじさんのような変わった座り方をすることから「スコ座り」という単語が過去に流行ったことがあるので、ご存知の方も多いことだろう。

比較的身体が小さく耳がぺたんと折れている見た目が特徴で「犬のような猫」と評される程の人懐っこさが人気を博し、日本でもスコティッシュフォールドを飼っている家庭は多く、現在は大変メジャーな種類の猫である。

スコティッシュフォールドの値段について


出典:https://tetoan.com/cat-breed/castration/2/

どんな犬・猫にも言えたことだが、スコティッシュフォールドの値段も安い種から高い種までかなり値段の幅が広いと言われている。

平均的な値段は10~20万円程度で、血統・見た目が良い種類になると40万円近くまで値段が跳ね上がるという場合も。


出典:www.irasutoya.com

日本で2番目に人気のある猫であるため、ペットショップ・ブリーダーどちらからも購入することが可能。
中間業者を通さないことからブリーダーから購入するほうが比較的安価でお迎えすることができるそうだ。
※ヒカキンはブリーダーからまるお・もふこをお迎えしている

また、ブリーダーの場合ペットショップとは異なり出産や飼育過程・環境がしっかりと把握することができるため、ヒカキンと同じようにブリーダーからの購入が一番オススメだと言えよう。

ヒカキン 念願の猫との生活!

実は、ヒカキンは何年も前からSNSや動画などで「ペットを飼いたい」と幾度となくつぶやいていたが、その度「我慢する」と踏みとどまっていた。

しかし突然、しかし2匹も猫をお迎えしたため、そのことを知るファンの多くはとても驚いたことだろう。
今になって何故ヒカキンは突然猫を飼うことを決意したのだろうか。

これまでヒカキンが猫(ペット)を飼わなかった理由とは?

「ペットがいれば彼女なんていらない」と豪語するほどの動物好きであるヒカキン。

しかし、YouTuberとして成功し裕福になってからもなかなかペットを飼おうとしなかったのには、とある理由があった。

まず1つ目の理由は「住んでいたマンションがペット禁止だったから」。

しかし、これはかなり過去の話であり、この後はペットOKのマンションに引っ越し、更に飼おうか飼うまいかと頭を悩ませる事となった。

しかし、2つ目の理由である「きちんとお世話をしてあげることができない」という最大の問題を抱えていたことから、なかなかペットを飼うことができず、質問コーナーなどで「ペットは飼わないの?」と視聴者に聞かれるたび、上記の理由で「飼いたいけど一人暮らしなので飼うことができない」と嘆いていた。

YouTuberのペットブームに便乗しただけ?

現在、日本YouTube界は空前のペットブーム。
もちろん、何も飼っていないというYouTuberも多いが、財力のあるいわゆる「有名YouTuber」の多くは2017年~2018年頃にかけて挙って犬や猫などのペットを飼い始めるように。

あまりにもの溺愛ぶりなのか、それともビジネスのためなのか中にはメインチャンネルの他にペットだけのチャンネルを設立してしまうというツワモノも存在しする程右を見ても左を見てもペットペットペット・・・

そんな最中、あれだけ「ペットは飼えない」と言っていたヒカキンが突然猫を2匹も飼い始めたことから、一部視聴者の間では「とうとうヒカキンもペットブームの波に乗ったか」という声も・・・。

その真偽については不明ではあるが、恐らくヒカキンが猫を飼い始めた最大の理由は「動画の毎日投稿をやめた」ということによりプライベート生活にペットを飼うことができる余裕が生まれたということだと言えるだろう。


出典:YouTube.com

愛情たっぷりで育てているため、ヒカキンにすっかり懐いたまるお&もふこ。
この溺愛っぷりを見れば、誰もがヒカキンはビジネスではなく家族として迎え入れるために2匹をお迎えしたということがおわかり頂けるのではないだろうか。

「猫を飼っただけ」でヒカキン炎上!?その理由とは・・・

しかし、ヒカキンがまるお・もふこを迎え入れたことをあまり良く思わないという視聴者も多いようで、まるおをお迎えした動画は「大」とまでは行かないが少々炎上してしまうこととなってしまった。

果たして、低評価ボタンを押した視聴者は、ヒカキンが猫を飼ったことの何に不満を感じてしまったのだろうか・・・。

スコティッシュフォールドは品種改良された「奇形」の猫??


出典:Twitter.com

実は、スコティッシュフォールドのチャームポイントである「折れ耳」は突然変異で生まれてきたいわゆる「奇形」なのだ。

先天性の異常があることから折れ耳のスコティッシュフォールドは病気になりやすいと言われており、更に現在は「可愛いから」という理由から折れ耳のスコティッシュフォールドが生まれるよう品種改良もされているとか・・・。

そのため、ヒカキンがお迎えしたまるお&もふこは「人間のためにわざわざ病気を持って生まれてきた可哀想な猫」ということになるため、一部視聴者からは「何でスコを飼おうと思ったの・・・」という非難の声を浴びせられることとなってしまったのだ。

「保護猫を貰ってほしかった」との声も


出典:Twitter.com

この他にも「ブリーダーから飼わないで保護猫を飼ってほしかった」という声も多かった模様。

 

「スコティッシュフォールドがー」という声よりも「保護猫を飼え」という声は非常に大きく、Twitterやコメント欄には数多くの保護猫コメントが殺到することとなった。

しかしこのことについては他にも多くのYouTuber達がペットを飼い始めた際に起こる「恒例行事」であり、炎上と同時に「まるおともふこが保護猫ではないことをつっこまれるのでは」ヒカキンが叩かれることを心配していたファンも多かったようだ。

ヒカキンが保護猫を飼えない理由


出典:Twitter.com

しかし、ヒカキンには保護猫を飼うことができない「とある理由」がある。
それは「保護猫の譲渡条件」に、ヒカキンが当てはまらず保護猫を譲り受けることができないということ。

保護猫の譲渡条件は団体や保護主によって多少の違いはあるが、殆どは

・独身である

・男性である

・長時間家を留守にする

・賃貸住宅に住んでいる

の項目に当てはまる場合譲渡を断られてしまうのだ。

そのため、ヒカキンに「保護猫を飼ってほしかった」と言っていた側が逆に炎上してしまうという事態に。

更に「保護猫を飼ったとしても結局は他の難癖を付けられ炎上してしまう」という声もあり、現在もヒカキンが猫を飼ったことに対する視聴者達の論争は堂々巡り状態・・・。

しかし、もう既にまるおともふこはヒカキンの家にお迎えされているため、どれだけ激しい論争を繰り広げたところで「ヒカキンが猫を飼った」という事実が変わることはないのだ。

また、有名人とはいえど他人の家の事情に首を突っ込むのも少々ナンセンスであるため、虐待や育児放棄などがない限りはただただ彼等の可愛い姿を純粋に楽しんでいれば良いのではないのだろうか。

今後も、まるお&もふこの成長には目が離せなさそうだ。

HIKAKIN

ヒカキン 愛猫の名前が可愛すぎると話題

HIKAKINの愛猫・まるおが可愛すぎると話題!スコティッシュフォールドってどんな猫?病気の心配も…

 

LogTubeの公式twitter&公式LINE@でYouTuber最新情報をお届け!
ホーム画面に追加しよう!

またはブラウザのオプションメニューからホーム画面に追加すると、LogTubeをより便利にお使いいただけます。

コメントを投稿

avatar
wpDiscuz