登録者100万人のDJ集団「レペゼン地球」の人気の理由に迫る!

2018年、垢BAN事件を経てチャンネル登録者数をたったの1週間で獲得した伝説を作ったDJ集団「レペゼン地球」。

テキーラ一気・嘔吐・下ネタ連発など炎上必至の過激動画を連発するも、現在は誰しもが認める人気チャンネルへと急成長を遂げることとなった。

今回は、そんなレペゼン地球が何故ここまで全国の若者から支持を受ける人気グループとなったのか「人気の理由」に迫っていく。

レペゼン地球とは


出典:Twitter.com

では、まずはレペゼン地球とは一体どのような組織なのかについてご紹介していこう。

メンバープロフィールやこれまでに起きた事件などについての参考リンクも掲載しておくので、レペゼン地球のファン初心者は是非ご活用いただきたい。

レペゼン地球は「YouTuber」ではない!


出典:YouTube.com

 

まず、最初にご紹介しておくべきこととしては、彼らの本職はDJであり決してYouTuberではないということ。

動画を見るとお分かりいただけるが、レペゼン地球はメイン・曲チャンネル共に動画の始めや途中で広告が表示されることが一切ない。


出典:YouTube.com

実は、レペゼン地球はグーグルアドセンス契約を結んでいないため、YouTubeでの活動では(企業案件を除き)一文も収益を得ておらずDJとしてのライブ活動・CDなどのグッズ販売のみで運営費を賄っているのだ。
※彼らの動画が過激だからアドセンス審査が通らないというわけではありません

YouTuberとは「YouTubeの動画で収益を得て生活をしている『YouTubeが本業の人』」のことを指すため彼らはその括りには当てはまらないのだ。

レペゼン地球のメンバーについてのプロフィール情報などは以下のリンクから!

【レペゼン地球】公式

本当にDJ!?お子様には見せられないチャンネル!

レペゼン地球の普段の活動は、名前にも付いている通り「DJ」である。

クラブやホールのDJブースでレコードをくるくる回してノリノリのダンスナンバーをアレンジしお客さんのテンションを最高潮に盛り上げてくれるあれだ。

しかし、彼らのメインチャンネルはそんな「DJ」らしい部分は一切感じさせないようなお下劣な動画ばかり。

現在前アカウントが削除されてしまったため視聴できる動画はかなり減ってしまったが、過去には事務所所属YouTuberならば事務所から強制的に追い出されてしまいそうな過激動画を連投していたレペゼン地球。

特にその中でもレペゼン地球の定番である「テキーライッキ」は、現代のネット社会では大炎上しかねない超過激ネタであったにも関わらず多くの若者達から注目を浴びることに。

 

ヒカキンや水溜りボンドなどの健全なYouTuberがこんな動画を投稿したら間違いなく炎上だが、レペゼン地球はそんなお下劣なネタが「平常運行」で片付けられる超過激派集団なのだ。

もちろん、小さなお子様がいるご家庭での視聴はあまりおすすめはできません(笑)

垢BANから奇跡の復活!伝説のYouTuber!

テキーライッキを始めとする嘔吐動画が定番のレペゼン地球だったが「敢えての過激系」という挑戦的な動画が逆に新鮮さを覚え、多くの登録者を獲得することとなった。

が、そうなると彼らも人気YouTuberの仲間入りを果たしてしまうこととなるため「人々に様々な影響を与えるチャンネル」として、もちろんYouTube運営も彼らを野放しにしておくわけがない。

なんと、レペゼン地球の登録者数が100万人を突破した直後にアカウントを凍結(垢BAN)されてしまう事件が発生してしまった。

多くの視聴者・ファンが衝撃を受ける事件となったが、実は過去にも何度か垢BAN経験があるレペゼン地球。

「こんなこともあろうかと」準備しておいたDJ社長の個人アカウントから「【レペゼン地球】僕たちは更生しました」というチャンネル名で垢BANから24時間も経たない内に不死鳥の如く復活したのだった。

そしてたったの1ヶ月で登録者数100万人を獲得するという日本YouTube界最速の記録を叩き出すという伝説を作った。
※その数カ月後、本田翼のチャンネル「ほんだのばいく」に記録は更新されることとなった

レペゼン地球の垢BAN騒動に関する経緯などについての詳細はこちらのリンクから↓

【理由徹底解剖】レペゼン地球の垢BANはマホトが原因!?orガイドライン違反!?

レペゼン地球垢BANに対するファンのSNSでの反響!マホト信者!ヒカル信者!レペゼン信者それぞれの反応

【レペゼン地球】昔はアンチしかいなかった!?

過激すぎる動画が「不快」と話題に!!


出典:YouTube.com

現在はそんな「生ける伝説」として人気を集めるレペゼン地球だが、YouTubeでの活動初期はかなりアンチの多い問題児チャンネルとして扱われていた時期も。

その理由はもちろん「過激な動画」。

当時は他にも過激な動画を投稿して問題になるYouTuberも多かったが、レペゼン地球の動画は昭和のバラエティ番組を彷彿させる「ドン引き」レベルの動画ばかりを投稿していたこともあり、ガイドラインにきちんと従って動画を投稿しているYouTuberファンなどを中心に「不快」「気持ち悪い」といったアンチコメントや低評価がつけられる、ある意味炎上系とも言えるチャンネルであった。

現在は過激すぎるほど「面白い」と話題に!?

しかし現在は情況が一変し、逆に内容が「過激な動画であればあるほど面白い」と話題になるように。

恐らくこれは彼らが人気になったことに理由があると思われ「イケメン・美女なら何をやっても許される」という原理と同じく「レペゼン地球ならどんな事をやっても許される」という風潮が誕生したのだということだろう。

現在は今までよりもほんの少しガイドラインに気を使いつつ、それでも今まで通りフリーダムな動画を投稿し続けているレペゼン地球。

カメラ兼雑用、そして音楽を担当するチバニャンも動画メンバーに加わりレペゼン地球はまだまだ前進中!
今後も彼らの勢いは留まることを知らず、加速し続けていくことだろう。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
1 ---------
投稿日:2018年11月18日

コメントを投稿

avatar
並べ替え:   新着順 | 古い順 | 投票数
trackback

[…] 登録者100万人のDJ集団「レペゼン地球」の人気の理由に迫る! […]

wpDiscuz