• NEWS
  • 2020.09.24

池田エライザと熱愛の水溜りボンドカンタと相方トミーの本名は?身長,誕生日,彼女,元彼女,アイカ,年収,炎上&黒い噂,別居理由,新居,テレビ,キイチ&Pさんの秘密についても

水溜りボンド カンタとトミーがYouTuber史上初の冠番組でテレビ出演 ジャニーズと対抗していた過去やANN0についても

水溜りボンド カンタとトミーがYouTuber史上初の冠番組でテレビ出演決定

水溜りボンドの地上波初冠レギュラー番組が決定した。放送局はテレビ神奈川で、10月3日からスタートするとのこと。放送時間は毎週土曜日22時〜22時30分。YouTuberが地上波で冠番組を持つことは異例で、水溜りボンドがどんどん大きな存在になっていることがわかる。

詳しくはコチラ↓

水溜りボンド 地上波初冠レギュラー番組「水溜りボンドの〇〇行くってよ」決定!記者会見も

水溜りボンド ANN0のレギュラーパーソナリティーにも

2020年3月30日(月)からニッポン放送で放送されているラジオ、「オールナイトニッポン0(ZERO)」の曜日のパーソナリティが発表され、木曜日の担当に水溜りボンドが就任した。ANNをレギュラーで担当するのは、YouTuber初となる。

詳しくはコチラ↓

水溜りボンド YouTuber史上初、ANNのレギュラーラジオパーソナリティーに就任!

水溜りボンド カンタ ジャニーズと対抗していた過去

2020年7月9日(木)、水溜りボンドがパーソナリティを務める「水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)」にてカンタが、Hey!Say!JUMPの八乙女光やTravis Japanの川島如恵留と友人であると公言をした。また、川島如恵留とは高校からの中であり、当時のカンタは、その人気に嫉妬し対抗意識を燃やしていたとのことだ。

水溜りボンド YouTuber初の冠番組が決定 記者会見を実施

社会・YouTube非視聴者層からも注目の的!?水溜りボンドの活躍

YouTubeでは主に10代から20代前後の層から人気を集める水溜りボンド。

しかし、彼らは動画だけでなく経済誌など社会的な面でも注目を集め、年齢の高い層・YouTube非視聴者層からも認知されつつあるという。

水溜りボンド「Quick Japan」の表紙飾る


出典:https://www.amazon.co.jp

2019年2月、水溜りボンドがサブカルチャー雑誌「Quick Japan」にて表紙を飾り、更に50ページにも渡る特大特集が組まれ話題を呼んだ。

同誌にYouTuberが特集・表紙で取り上げられたのは水溜りボンドが初。豪華有名人との対談や袋とじ企画・グラビアなど様々な企画が組まれており、この掲載がきっかけとなり若い視聴者層だけでなく社会からも関心を持たれるように・・・。

水溜りボンドが表紙のQuick Japan142号の購入はこちら

水溜りボンド トミー カンタに全財産3000万を投資「大きな発表がある」

水溜りボンドがAERAの表紙に!ネットでは「大人で賢い」と評判に


出典:https://www.amazon.co.jp

2019年9月、水溜りボンドが人気経済誌である「AERA」の表紙を飾った。

同誌の表紙にYouTuberが起用されたのはまたもや水溜りボンドが初。そして、紙面には4ページに渡る特集が組まれている。

記事を呼んだネットユーザーからは「水溜りが取り上げられるのわかる。インタビューも経済誌っぽい」「学歴もあるし考えもしっかりしているから内容が浮いてなかった」「二人とも賢いしちゃんとしてる」など、普段の動画とは異なる水溜りボンドの「大人で賢い」という一面に感嘆の声が挙がっていた。

AERA2019年9月号購入はこちら

水溜りボンド 夏の新グッズが発売開始 ラファオワグッズは即完売

ヒカキンと同格!?「初」が多い水溜りボンド


出典:youtube.com

ここから更に細かな活躍をご紹介していくが、水溜りボンドはヒカキンのようにテレビやCMなど大きく目立つ機会は少ないものの「YouTuber初」となる快挙を成し遂げることがとても多い。

その理由として「現在、YouTuberがYouTube以外に進出し始めている時期だから」ということもあるが、別の理由として水溜りボンドが他のYouTuberと比べ炎上や問題行動が極端に少ない、ヒカキンに次ぎ最も芸能人に近い「極端にクリーンなYouTuber」であるからだと言えるだろう。

恐らく、400万人クラスで動画や人物に対する批判が一番少ないと思われる水溜りボンド。所属事務所であるUUUMも「どこに出しても恥ずかしくない優等生」として、各所に水溜りボンドを推していることが考えられる。

水溜りボンド カンタ フライデー後初の出演で神になる「カンタラー」