水溜りボンドカンタとトミーの本名は?身長/誕生日/彼女/年収/炎上/キイチ&Pさんの秘密についても!

水溜りボンドの年収・月収が規格外!?

お金周りなどについて全く明かすことの無い水溜りボンドだが、YouTube・イベント出演・雑誌掲載やインタビューなど様々な場面で活躍をしているため年収はかなりの金額であることが予想される。

現在、YouTubeの動画再生数による広告収入はYouTuberの知名度や広告の種類によって異なるため、確実に「一再生でいくら」と算出することは難しいのだが、年収予想サイトの独自収集データによる予想によると水溜りボンドのYouTubeの広告収入のみでの平均年収は約6594万円であるとのこと。月収に換算すると約550万円と、普通の仕事では稼ぐことが出来ないレベルの額である。

年収・月収を2人で分けるといくら?


出典:twitter.com

しかし、先にも述べた通り水溜りボンドはYouTubeの他にも様々な活動を行っており、更に生配信の際には投げ銭(スパチャ)もかなりの額が投入されているtことから、1年で8000万円~1億円程の収入があることが推測される。

シンプルにカンタ・トミーの2人で分けていると言う仮定で考えると、一人あたり約4000万~5000万円の年収、月収に換算すると約430万~830万円ぐらい。

実際にどれだけの収入を得られているかは謎に包まれて入るが、間違いなく同年代の人の数倍・数十倍稼いでいると言えるだろう。

YouTube界のNHK 水溜りボンド


出典:https://pid.nhk.or.jp/bcas/sp/

水溜りボンドはYouTubeのコンプライアンスを守りながらの面白さを追求するYouTuber。
過激な表現や下ネタを一切使うこと無く登録者を300万人以上へと導いた超実力派クリエイターなのだ。

しかし、そんな「NHK」と名高い水溜りボンドでも時には失敗をすることも。

・・・と言っても、これまでに水溜りボンドが目立った失敗をしてしまったのは個々でご紹介する1件の炎上騒動のみである。

水溜りボンドが炎上!?


出典:www.irasutoya.com

実験系の動画についてもできるだけ安全性に配慮し真似しないよう注意をして企画を行っている水溜りボンドだが、ある動画の企画を子供が真似したらしく、ネットのニュースなどにもなり炎上騒動となった。

炎上した動画の内容は?

その動画は現在削除されているが、「ノートにフリクション(熱でインクが透明になるボールペン)で文字を書いたものをレンジでチンすると、文字が消えまた使えるようになるのでは?」と言う企画の動画だった。
※現在動画は非公開

とある小学生がその動画を見て真似をしてしまったことから問題が発生。
水溜りボンドの二人が使用したペンは「熱で文字が消える」フリクションだったのだが、真似をした小学生は自宅にフリクションがなかったらしく、鉛筆を使って検証を実践してしまった。

鉛筆が可燃性の物質であったことや、加熱時間が長すぎたことが原因でノートはまっ黒焦げ。
危うく火事寸前の事故を起こしてしまったのだ。


出典:https://blog.jnito.com/entry/2016/10/26/113920

もちろん、事情を知った親は激怒し、ネットにて「注意喚起」として事件の一連の流れをネットへ投稿したことが引き金となり水溜りボンドは炎上。

ネットニュースをはじめ、様々なメディアに取り上げられる事態となってしまったのだった。

その後、水溜りボンドの2人はサブチャンネルにて謝罪動画を投稿。
十分な配慮が足りなかったことや自分たちの影響力についての認識の甘さについてを詫びることに。


出典:YouTube.com

しかしその後、謝罪動画の事やネットでの炎上騒動などを知った親が「YouTube利用規約をよく確認していないまま子供に視聴させてしまったことは私の完全な注意不足でした」と追記して謝罪。

相手方も決して「水溜りボンドを潰す!」という姿勢でブログをアップしたわけではないため、攻撃やイタズラなどはしないよう十分注意しよう。

他には目立った炎上なし??


出典:YouTube.com

それからは過ちを真摯に受け止め、同じことを繰り返さないよう動画では必ず「真似しないで下さい」「安全に配慮しています」などの注意テロップを加えるように。

その後は特に目立った炎上もなく、至って平和に動画投稿を続けており、ネットニュースや物申す系YouTuberのターゲットになるような事件も全くと言って良いほど起こしていない水溜りボンド。

 

先にも述べたが炎上による話題作りをせず、ここまでの人気を得ることができたYouTuberは数少ない。

今後もそのスタイルを変えることなく、どの年代層でも安心して楽しく動画を見ることのできるNHK的存在としての活躍に期待したい。

(アイキャッチ画像出典:https://www.uuum.jp)


水溜りボンドのチャンネル


関連YouTuber

---------
投稿日:2019年10月8日