チャンネル登録者数
4,170,000
再生回数
4,730,274,505回
平均再生回数
1,425,211回
投稿動画数
3,319本
  • NEWS
  • 2021.07.12

池田エライザと熱愛の水溜りボンドカンタと炎上し坊主になった相方トミーの本名は?身長,誕生日,彼女,元彼女,アイカ,年収,黒い噂,別居理由,新居,テレビ,トミーのお店やキイチ&Pさんの秘密についても

カンタだけじゃない!相方支えるトミーの「コンビ愛」


出典:twitter.com

このように、YouTube以外での活躍が目覚ましいカンタではあるが、彼がこのように様々なステージで活躍をすることができているのはトミーのコンビ愛溢れる「支え」があるからこそであると言えるだろう。

水溜りボンド「内村のツボる動画」2回目の出演!

カンタの活躍見守るトミーの「特別な才能」

「カンタはこんなに活躍してるのに、トミーの凄いところはそれだけ?」と思う方もいるかもしれないが、どんどん世間に認められ脚光を浴びる相方を妬み嫉みのない視線で見守り、素直にカンタの活躍を「嬉しい」と自分のことのように喜べる彼のコンビ愛はなかなか真似することはできない一種の「特別な才能」であると言える。

芸能界・YouTube関係なく、コンビ・トリオなどグループで活躍する有名人は相方やメンバーの一人だけが取り上げられる機会が多いとどうしても深い溝が出来てしまいがち。

しかし、水溜りボンドは活動を開始してからこれまでの間一度も不仲説は大大的には流れたことが無く、日本で活躍するグループYouTuberの中でも特に「仲が良いグループ」として長年活動を続けている。

トミー,虫眼鏡,そら ソーシャルアプリの公式アンバサダーに就任

水溜りボンドはただの「仲良し」ではない?


出典:www.irasutoya.com

またそれは単なる「仲良しごっこ」ではなく、お互いが別々の家に住めるぐらいの収入がありながらもひとつ屋根の下で共同生活をしていたり、そしてこれまで本気で喧嘩をしたことは一度だけしか無いなど、むしろ「仲が良い」と一言で括ることができない程の関係性を築き上げている。

それはカンタの性格が「穏やか・優しい」というだけでなく、トミーが陰ながら水溜りボンドを静かに支える「支柱」的な役割を果たしているからであるといっても過言でないだろう。

ネットニュースではカンタだけが取り上げられることが多いが、カンタが公の場で活躍ができているのはカンタ個人の凄さだけではなく、トミーという素晴らしい相方が支える「水溜りボンド」というコンビがあるからこそなのだ。

水溜りボンド トミー 三浦春馬の遺作「カネ恋」に出演!

監督・脚本・歌!トミーの積極的な活躍にも注目!

また、だからといってトミーは「水溜りボンドを支えている」というだけでなく、自らが最前線に立ち様々な企画にチャレンジして多くのファンを驚かせることも多数。

2018年頃からトミーはアニメ・ドラマ動画の脚本・監督を務めたり歌を歌うなど、彼が主役となって活躍する機会が急増中だ。

今後はカンタだけでなくトミーも個人でネットニュースなどに「水溜りボンドのトミーが・・・」と、大きく取り上げられることに期待が高まっている。

水溜りボンド ナイナイANNに田村淳とゲスト出演!

超アクティブなYouTuber!水溜りボンドが「動き続ける」理由とは・・・

無人島生活やMV・ドラマ制作など様々なジャンルの企画動画にチャレンジし続けてきた水溜りボンド。

↑2019年夏には脚本家鈴木おさむ氏とのコラボコント動画を投稿し

まだ売れていないYouTuberならばバズり目的で必死に様々な企画を練ることはよくある話ではあるが、何故既にトップYouTuberという安定したステージに立っている彼らは今も尚新たなチャレンジを続けているのだろうか。

水溜りボンドの動き続ける理由・信念はとてもシンプル!

これまで様々なインタビューで水溜りボンドが答え続けてきた「水溜りボンドの活動理由・信念」は

・やりたいことをやる

・楽しいからやる

と、至ってシンプル。

以上2つの活動信念は、2人が水溜りボンドとして活動を開始した2015年から変わっていないのだという。

YouTuberの中にはバズりを優先してブームや傾向を研究し「YouTuberの〇〇」という人物を演じて人気を集めるタイプのクリエイターも多い。その中、水溜りボンドは「自分たちが楽しいこと・やりたいこと」をひたすら追求し動画にすることで若い世代から大人まで、様々な層のYouTubeユーザーから人気を集めている。

水溜りボンド 「ハッピー毎日投稿終了前ソング」が1000万再生突破  

シンプルだから故の「天才」水溜りボンド

しかし「好き」「やりたい」を継続する・極めることで必ず明るい未来が保証されるとは限らない。

多くは「我慢」の元成り立つ明るい未来であるため、彼らが本当に「楽しむ」ということだけで現在の地位まで上り詰めてきたというのならば、水溜りボンドには人を喜ばせる・ドキドキさせる「エンターテイナー」としての才能に溢れる天才であると言えるだろう。


出典:https://subscribercounter.com

過激な動画は投稿せず、誰もが安心して見ることができる動画作りを心がけているためか、よく水溜りボンドは「良くも悪くも普通」と言われてしまうことがある。

が、しかしその「普通」だけで400万人以上の登録者を獲得できるのだろうか。

更に、彼らは先にもご紹介したとおり大きな炎上など悪い意味で注目を集める機会も極端に少ないため、ここまでのファンを獲得できた要因は確実に彼らの「才能」だけであると言い切れる。

つまり、水溜りボンドは人気YouTuberの中でもトップクラスの完全なる実力派なのだ。

水溜りボンドの「ANN0」に髭男の藤原が登場

INDEX