ヒカキンとシバターの関係を徹底調査!本を燃やす理由は嫌がらせ?

ヒカキンのことが大嫌い(?)なYouTuberといえば、真っ先に思いつくのは炎上系、パチスロライター兼プロレスラーYouTuberのシバターが思い浮かぶだろう。
今回は、シバターとヒカキンとの関係を徹底調査!

ヒカキンの本を燃やした時の話やこれまでシバターがヒカキンに働いてきた悪行の数々、そして本当は仲が良いという噂などについてもご紹介していこう。

シバターについて

シバターの経歴・プロフィールについては以下のリンクを参考にしていただきたい。

PROWRESTLING SHIBATAR ZZ

他のYouTuberの悪口や時事ネタに便乗して再生数を稼ぐ「元祖炎上系」YouTuberであるシバター。

ヒカキンへの「嫌がらせ」とも思える悪行の数々は「伝説」とも呼べるレベルのネタばかりで・・・?

本を燃やした!?シバターがヒカキンにやってきた悪行一覧!

「ヒカキンの本を燃やしてみた」事件

まずは、やはり一番インパクトが大きかったのは「ヒカキンの本をシバターが燃やした」というあの動画だろう。

この事件については、以下のリンクで詳しくご紹介しているので是非参考にしていただきたい。

炎上系YouTuberシバターのヒカキン本のレビュー動画が、日本からアクセスできなくなった理由とは!?

またまた!「ヒカキンの本を燃やしてみた」事件パート2!

UUUMからひどくお叱りを受けたであろうにも関わらず、再びシバターはヒカキンの本を燃やす動画を投稿。

前回の動画削除の反省を踏まえ、本には細かいモザイク、そして個人を特定する台詞には全てピー音を入れた動画を投稿したシバター。

しかし、サムネイルを見れば誰もが本の表紙に載っているのがヒカキンだということがお分かりいただけるだろう。

この動画でシバターが燃やしたヒカキンの本はこちら↓


出典:YouTube.com

ヒカキンが愛してやまない「マインクラフト」の攻略本である。
しかし、もちろん今回も不自然な燃え方をしていることから、シバターは本当にヒカキンの本を燃やしていないことが伺える。

どんなことでも炎上ネタにして、1回でも多く再生数を伸ばそうという、シバターの炎上系YouTuber根性(?)・・・さすが元祖、といったところだろうか。

炎上に便乗?ヒカキンイジりは数知れず・・・

他にも、ヒカキンが炎上した際は揚げ足を取るかのような悪口動画を投稿したり・・・

他にも、ヒカキンが投稿する動画やテレビ出演情報などを「面白くない」「浅い」などとイジる動画は数知れず・・・

よく、ヒカキンの兄であるセイキンや幼馴染であるマスオが「ヒカキン人気に便乗した」と言われることがあるが、真のヒカキン人気便乗YouTuberはシバターなのである。

ヒカキンを叩けばキッズが湧く

→動画を何度も見て批判コメントを送る

→急上昇ランキング載り、更に視聴数がアップする

というサイクルに旨味を覚えてしまっているシバター。

今後もシバターの「ヒカキン寄生」は終わることは無いと言えるだろう。。

ヒカキンとシバター 実は仲良しだった?


出典:Twitter.com

これだけの嫌がらせを受けているのだから、もちろん不仲説が囁かれるはずであるヒカキン&シバター。

しかし、実はふたりに囁かれている噂は不仲とは全く正反対の「実は仲良し説」だった・・・!?

過去の仲良し写真が流出!?

こちらに関するエピソードは、以下のリンクを参考にしていただきたい。

ヒカキンとシバターの写真が流出!?実は仲良し幼馴染という噂も!?

現在もこの写真の真偽については謎に包まれているが、もしも本当にふたりの仲が良いのであれば、以前ヘキトラハウスとコラボしたときのようなシバターの「良い人」部分が感じられる、誰もが楽しんで見れる動画だと嬉しいのだが・・・。

シバター、ヒカキンの猫の名前を一生懸命考える!?

 

更に、シバターはヒカキンが新たな家族として迎え入れた猫を「可愛いすぎる」と絶賛。
真面目に名前を考え、動画を通じてヒカキンに提案したのだが・・・?

シバター 「茶番にも程がある」視聴者爆笑

どれだけヒカキンのことを叩いているシバターでも、大好きな猫に関する話ではふざけられない模様。

シバターの素の部分が少し垣間見ることのできる、(ちょっと)ほっこりエピソードであった。

シバター 実はヒカキンが大好き?本当に嫌いなのはカブキンだった!?

しかし「嫌よ嫌よも好きのうち」と言われるように、もう既に何年もヒカキンを叩き続けているシバターは「実はヒカキンのこと大好きなんじゃ」と噂されることも。

シバターがヒカキンをディスっていたのは過去の話?

いいえ、現在もです。

現在もシバターはヒカキンの甘い蜜を吸うべく定期的にヒカキン叩き動画を投稿している。

しかし、昔よりも現在は回数が減り、更にはシンプルにヒカキンを褒めるという内容の動画を投稿することも。

最近、自チャンネルの登録者数やパチンコの営業でお金が稼げるようになったからか、以前よりも角が丸くなったように感じられるシバター。

しかし、キャラがあるので炎上芸はこれからも続けるつもりではあるだろうが、そのうちヒカキンとのコラボが本当に実現する可能性も・・・?

現在のシバターの標的はカブキン!?

実は、シバターの本当嫌いなYouTuberはヒカキンではなく「歌舞伎のメイクをしたYouTuberのあいつ」。
つまりカブキンであることを明かしている。

カブキン Kabukin

シバターがカブキンのことを嫌いな理由を簡単に説明すると、シバターがパチンコチャンネルである「ガチTV」を辞めるきっかけとなった人物とつるんでいたことだそう。

他にも

・シンプルに面白くない

・酒癖が悪く、贔屓にしていた飲み屋で恥をかかされた

・仕事に対してものすごく適当である

など、嫌いな要素は数多くあるそう。

因みに、カブキンがシバターの動画で取り上げられることは殆ど無い。
恐らく「視聴回数が稼げない」ということや「本当に嫌い」だという理由があるのだろう。

つまり、シバターがイジるYouTuberとは・・・?

つまり、シバターがちょくちょく動画でイジっているYouTuberは話題性があったり、シバター自体が「凄い奴」と認めている「シバターが注目しているYouTuber」であるのだ。

ということは、何年にも渡ってヒカキンをイジり続けているシバターは、自動的にヒカキンが大好きであるということに。

「動画は面白くないけど」といつも前置きをするのだが、シバターはヒカキンのYouTuberとしての才能については「天才的」だと認めているのだ。

「もっと素直になればいいのに・・・」と思う方もいるかも知れないが、これがシバターの動画スタイルであり彼の生きる道。

今後もヒカキンのことはずっとイジり続けることになるのが予想されるが、その度

「ああ、シバターは本当にヒカキンが大好きなんだなぁ」

と、生暖かい目で見守ってあげてみてはいかがだろうか。

LogTubeの公式twitter&公式LINE@でYouTuber最新情報をお届け!
ホーム画面に追加しよう!

またはブラウザのオプションメニューからホーム画面に追加すると、LogTubeをより便利にお使いいただけます。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
投稿日:2018年8月1日

コメントを投稿

avatar
並べ替え:   新着順 | 古い順 | 投票数
trackback

[…] ヒカキンとシバターの関係を徹底調査!本を燃やす理由は嫌がらせ? […]

trackback

[…] ヒカキンとシバターの関係を徹底調査!本を燃やす理由は嫌がらせ? […]

wpDiscuz