少年革命家ゆたぼんの親に対して大物YouTuberも苦言「一種の虐待」

「子供は学校に行く権利はあるけど義務はない!」。この一言で現在多方面から賛否を呼んでいるキッズYouTuber「少年革命家ゆたぼん」。

彼の不登校である理由や発言があまりにも的を射ていないことから、視聴者はもちろんのこと、様々な物申す系YouTuber、果てには芸能人にまで苦言を呈される事態に陥ってしまっているようだ。

どうやら、ゆたぼん本人はもとより、彼の親にまで「一種の虐待」と批判の声が集まっているようで・・・

少年革命家ゆたぼんとは

少年革命家ゆたぼんは、沖縄に住む10歳の男の子。

現在小学校には通っておらず不登校児としてYouTube活動を行っており、動画では自身の体験談を元に世の小学生に向けて「無理をして学校に行く必要はない」と呼びかけたことが話題となり、現在物議を醸している「いろいろな意味で」話題のYouTuberである。

ゆたぼんが不登校児になった理由

 

ゆたぼんが不登校になったのは彼が3年生一学期頃から。その原因は、いじめや周囲の友達と馴染むことができないなどといった理由ではなく「周りのクラスメイトがロボットに見えたから」。

親や先生の言うことをハイハイ聞いている様子に疑問を感じ「先生の言うことを聞く」の一部である宿題を提出することが嫌になったそうなのだ。

少々端折った説明だが、更に詳しくゆたぼんが不登校になった経緯は上の動画でじっくりとご覧頂きたい。

 

あまりにも自分勝手な考えに批判殺到

確かに、いじめやクラスに馴染むことができず自殺を選ぶならば、勇気を持って学校へ行かないという考え方は正しいと言える。

しかし、彼はいじめを受けているのではなく単に「先生の言うことを聞くのが嫌だ。宿題をしたくない」という、同年代の子供から見てもわがままと取れる理由で不登校を選んだということで、大人だけでなく様々な年齢層の視聴者たちから大ひんしゅくを買ってしまうこととなってしまったのだ。

「親に言わされている感が半端ない」矛先は父親にも

また、ゆたぼんが動画で意見を発する際、カンペを読み上げているような感覚がある、子供では到底考えつかないような考え方ということから「親が作った脚本を読まされている説」も浮上。


出典:ハート出版公式ホームページより

彼の父親は著書も出版している現役の心理カウンセラーであり、その容姿や経歴があまりにも・・・・なものだったことからも「宿題ロボットではなく『父親のロボット』にされているのでは・・・」という声も寄せられている。

また、ゆたぼんがTV出演時、母親が涙ながらに「本当は学校へ行ってほしい」と語っていた(動画5分20秒から)ことから「全ての原因は父親にあるのでは」という声が多いようにも感じられた。

►ゆたぼんに対する視聴者の意見はコチラ:少年革命家ゆたぼん 不登校小学生YouTuberに様々な意見

シバター・PDRさんなどYouTuber達がゆたぼんに物申す!?

また、ゆたぼんに関する意見は視聴者だけでなく、様々なYouTuberからも。

今回は、シバターだけでなく、なんと普段は他のYouTuberに対する意見を発したことがないような意外なYouTuberまでもがゆたぼんに関する動画を投稿している。

シバター「一種の虐待」と苦言

炎上系YouTuberのシバターは、父親の生い立ちについてや、ゆたぼんの動画で語るあまりにも達観した(?)意見について言及。「小学4年生の人生経験において、そういう答えを導き出せるはずがない。親が擦り込んだ意見を言っているだけ」「ゆたぼんは気づかぬ間に親のロボットになっている」「一種の虐待」など、苦言を呈した。

また、他の動画では宿題が嫌だから学校へ行きたくない子供が、いじめを苦に自殺を考えている子達に向けて「学校へ行くことが全てじゃない、一番大事なのは命」と筋違いの説教をしていることが、大きな違和感を生み出しているということを説明。

彼の言っていることは至極真っ当であるので、その言葉を重みのある言葉にするためにもきちんと学校へ通い、人から「すごい人生ですね」と言われる程の人生を歩むようゆたぼんへ向けて語りかけた。

PDRさん「本当の不登校の子に唾を吐きかけている感じ」

YouTuberや時事ネタに辛辣なツッコミを入れるPDRさんも、ゆたぼんに関する動画を投稿している。

シバターと同じく「周りの子供がロボットに見えるという言い回しが(当時)9歳の発想ではない」と、親の台本説について「パパの操り人形」と言及。

また「嫌なことから逃げてる奴に『苦しむな・死ぬな』なんて言われても説得力がない」「本当に不登校でうつ病やいじめ、学校に行きたくても行けない人の顔に唾を吐いている感じがする」と、これもまたシバターと同じくゆたぼんの説得力が全く無いということについての意見を述べていた。

轟ちゃん、学校へ行く大切さを語る

そして、なんと普段はあまり他のYouTuberに対して意見を述べない整形アイドル轟ちゃんまでもがゆたぼんの言葉に対する自身の考えを発信している。

しかし、彼女に関しては「とあるYouTuberさん」とゆたぼんの名前は一切出さず「学校は行きたくない場所ではあるが、勉強ではなく別のところにあると思う」と、学校へ行きたくないという子に対して「何故学校へ行かなければならないのか」というトークテーマの動画を投稿。

シバターやPDRさんの動画ではゆたぼんや彼の親に対する攻撃的なコメントが目立ったが、轟ちゃんの動画は彼らとは少々切り口の異なる内容であったため、コメント欄は「何故子供は学校へ行くのか」「そもそも学校とはなんのためにあるのか」という意見交換の場となった。

tamachan
tamachan 瀬戸弘司さんとレペゼン地球をこよなく愛する新米ライターです。 もろに影響を受けやすいタイプ、現在ウクレレ2年生です。
6 ---------
投稿日:2019年5月14日

コメントを投稿

avatar
並べ替え:   新着順 | 古い順 | 投票数
匿名
匿名
2019年8月21日 9:34 PM

教育を受けられるって、とても幸せな事なんだって親が教えてあげるべきだと思うけどな。

匿名
匿名
2019年8月18日 9:36 AM

本当に革命家になりたいのであれば一定の教育は積んでおく必要があるのではと思います。
ロベスピエール(リセ・ルイ=ル=グラン卒業)、レーニン(高校首席卒業、サンクトペテルブルク大学卒業)、毛沢東(師範学校卒業後、教師)、ゲバラ(医学部卒業)といった感じで有名な革命家はそれなりに勉強してましたよ。

匿名
匿名
2019年8月2日 2:43 PM

かつて明治の世に、小学校の皆と同じに過ごさんとダメ、という雰囲気に馴染めず、小学校中退してしまった鳥居龍蔵さんという方がおられました。ただし彼はメチャクチャ好奇心が強く、勉強を全て自ら独学で学び、考古学者として業績を上げ世界に名を轟かせました。最終的には学歴こそ小卒だが、東大やハーバード大に招かれて学生に授業を担当しております。考古学に必要な歴史学、地理学、数学、論文を世界発信する為にフランス語、英語、全部独学でマスターしております。そこまでブッチギリでやり切れる根性があるのか?という事。誰の手も借りずにやり抜く力、向学心、やりたい事があればよい。学校行く暇があるならドイツ語の論文でも読んだ方がマシ、とかそういう子なら尊敬されるだろう。ただ不登校で怠けてるだけでダラダラしてるんなら社会のゴミ。

匿名
匿名
2019年7月28日 2:12 AM

このままで立派になれるわけないじゃん。

まさにあの親がいて、あの子供。
学校で起こったことに対して、親がキチンと説明できなかったんだろう。
学校行く意味、学ぶ意味を分かっていない。
それどころかYouTubeに上げ続けている。
恥を恥ともわかっていない親。
そろそろ、誰かゆたぼんに教えてあげなよ。
「キミが今見えている世界はごく一部なんだよ」と。
「ネットでいくら叩かれようが、あなたは今理解できていない。
そんな状態でこれから先、成長できるのか?」と。

ま、どーでもいいけど(笑

wpDiscuz